青空文庫アーカイブ




芥川龍之介

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)元治《げんぢ》元年

|:ルビの付く文字列の始まりを特定する記号
(例)国家老《くにがらう》の長|大隅守《おほすみのかみ》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)せいとう[#「せいとう」に傍点]のしやうがあるが

〔〕:アクセント分解された欧文をかこむ
(例)〔Pre'curseur〕 の説が、
アクセント分解についての詳細は下記URLを参照してください
https://www.aozora.gr.jp/accent_separation.html
-------------------------------------------------------

       一

 元治《げんぢ》元年十一月二十六日、京都守護の任に当つてゐた、加州家の同勢は、折からの長州征伐に加はる為、国家老《くにがらう》の長|大隅守《おほすみのかみ》を大将にして、大阪の安治川口《あぢかはぐち》から、船を出した。
 小頭《こがしら》は、佃久太夫《つくだきうだいふ》、山岸三十郎の二人で、佃組の船には白幟《しろのぼり》、山岸組の船には赤幟が立つてゐる。五百石積の金毘羅《こんぴら》船が、皆それぞれ、紅白の幟を風にひるがへして、川口を海へのり出した時の景色は、如何《いか》にも勇ましいものだつたさうである。
 しかし、その船へ乗組んでゐる連中は、中々勇ましがつてゐる所の騒ぎではない。第一どの船にも、一艘に、主従三十四人、船頭四人、併《あは》せて三十八人づつ乗組んでゐる。だから、船の中は、皆、身動きも碌《ろく》に出来ない程狭い。それから又、胴の間《ま》には、沢庵漬《たくあんづけ》を鰌桶《どぢやうをけ》へつめたのが、足のふみ所もない位、ならべてある。慣れない内は、その臭気を嗅ぐと、誰でもすぐに、吐き気を催した。最後に旧暦の十一月下旬だから、海上を吹いて来る風が、まるで身を切るやうに冷い。殊に日が暮れてからは、摩耶颪《まやおろし》なり水の上なり、流石《さすが》に北国生れの若侍も、多くは歯の根が合はないと云ふ始末であつた。
 その上、船の中には、虱《しらみ》が沢山ゐた。それも、着物の縫目にかくれてゐるなどと云ふ、生やさしい虱ではない。帆にもたかつてゐる。幟にもたかつてゐる。檣《ほばしら》にもたかつてゐる。錨《いかり》にもたかつてゐる。少し誇張して云へば、人間を乗せる為の船だか、虱を乗せる為の船だか、判然しない位である。勿論その位だから、着物には、何十匹となくたかつてゐる。さうして、それが人肌にさへさはれば、すぐに、いい気になつて、ちくちくやる。それも、五匹や十匹なら、どうにでも、せいとう[#「せいとう」に傍点]のしやうがあるが、前にも云つた通り、白胡麻《しろごま》をふり撒いたやうに、沢山ゐるのだから、とても、とりつくすなどと云ふ事が出来る筈のものではない。だから、佃組と山岸組とを問はず、船中にゐる侍と云ふ侍の体は、悉《ことごと》く虱に食はれた痕《あと》で、まるで麻疹《はしか》[#「麻疹」は底本では「痳疹」]にでも罹《かか》つたやうに、胸と云はず腹と云はず、一面に赤く腫れ上がつてゐた。
 しかし、いくら手のつけやうがないと云つても、そのまま打遣《うつちや》つて置くわけには、猶《なほ》行かない。そこで、船中の連中は、暇さへあれば、虱狩をやつた。上は家老から下は草履取《ざうりとり》まで、悉く裸になつて、随所にゐる虱をてんでに茶呑茶碗の中へ、取つては入れ、取つては入れするのである。大きな帆に内海の冬の日をうけた金毘羅船の中で、三十何人かの侍が、湯もじ一つに茶呑茶碗を持つて、帆綱の下、錨の陰と、一生懸命に虱ばかり、さがして歩いた時の事を想像すると、今日では誰しも滑稽だと云ふ感じが先に立つが、「必要」の前に、一切の事が真面目になるのは、維新以前と雖《いへど》も、今と別に変りはない。――そこで、一船の裸侍は、それ自身が大きな虱のやうに、寒いのを我慢して、毎日根気よく、そこここと歩きながら、丹念に板の間の虱ばかりつぶしてゐた。

       二

 所が佃組の船に、妙な男が一人ゐた。これは森|権之進《ごんのしん》と云ふ中老のつむじ曲りで、身分は七十俵五人|扶持《ぶち》の御徒士《おかち》である。この男だけは不思議に、虱をとらない。とらないから、勿論、何処《どこ》と云はず、たかつてゐる。髷《まげ》ぶしへのぼつてゐる奴があるかと思ふと、袴腰のふちを渡つてゐる奴がある。それでも別段、気にかける容子《ようす》がない。
 ではこの男だけ、虱に食はれないのかと云ふと、又さうでもない。やはり外《ほか》の連中のやうに、体中|金銭斑々《きんせんはんはん》とでも形容したらよからうと思ふ程、所まだらに赤くなつてゐる。その上、当人がそれを掻いてゐる所を見ると、痒《かゆ》くない訳でもないらしい。が、痒くつても何でも、一向平気で、すましてゐる。
 すましてゐるだけなら、まだいいが、外の連中が、せつせと虱狩をしてゐるのを見ると、必《かならず》わきからこんな事を云ふ。――
「とるなら、殺し召さるな。殺さずに茶碗へ入れて置けば、わしが貰うて進ぜよう。」
「貰うて、どうさつしやる?」同役の一人が、呆《あき》れた顔をして、かう尋ねた。
「貰うてか。貰へばわしが飼うておくまでぢや。」
 森は、恬然《てんぜん》として答へるのである。
「では殺さずにとつて進ぜよう。」
 同役は、冗談《じようだん》だと思つたから、二三人の仲間と一しよに半日がかりで、虱を生きたまま、茶呑茶碗へ二三杯とりためた。この男の腹では、かうして置いて「さあ飼へ」と云つたら、いくら依怙地《えこぢ》な森でも、閉口するだらうと思つたからである。
 すると、こつちからはまだ何とも云はない内に、森が自分の方から声をかけた。
「とれたかな。とれたらわしが貰うて進ぜよう。」
 同役の連中は、皆、驚いた。
「ではここへ入れてくれさつしやい。」
 森は平然として、着物の襟《えり》をくつろげた。
「痩我慢をして、あとでお困りなさるな。」
 同役がかう云つたが、当人は耳にもかけない。そこで一人づつ、持つてゐる茶碗を倒《さかさま》にして、米屋が一合|枡《ます》で米をはかるやうに、ぞろぞろ[#「ぞろぞろ」に傍点]虱をその襟元へあけてやると、森は、大事さうに外へこぼれた奴を拾ひながら、
「有難い。これで今夜から暖《あたたか》に眠られるて。」といふ独語《ひとりごと》を云ひながら、にやにや笑つてゐる。
「虱がゐると、暖うこざるかな。」
 呆気《あつけ》にとられてゐた同役は、皆互に顔を見合せながら、誰に尋ねるともなく、かう云つた。すると、森は、虱を入れた後の襟を、丁寧に直しながら、一応、皆の顔を莫迦《ばか》にしたやうに見まはして、それからこんな事を云ひ出した。
「各々は皆、この頃の寒さで、風をひかれるがな、この権之進はどうぢや。嚔《くさめ》もせぬ。洟《はな》もたらさぬ。まして、熱が出たの、手足が冷えるのと云うた覚は、嘗《かつ》てあるまい。各々はこれを、誰のおかげぢやと思はつしやる。――みんな、この虱のおかげぢや。」
 何でも森の説によれば、体に虱がゐると、必《かならず》ちくちく刺す。刺すからどうしても掻きたくなる。そこで、体中万遍なく刺されると、やはり体中万遍なく掻きたくなる。所が人間と云ふものはよくしたもので、痒い痒いと思つて掻いてゐる中に、自然と掻いた所が、熱を持つたやうに温くなつてくる。そこで温くなつてくれば、睡くなつて来る。睡くなつて来れば、痒いのもわからない。――かう云ふ調子で、虱さへ体に沢山ゐれば、睡《ね》つきもいいし、風もひかない。だからどうしても、虱飼ふべし、狩るべからずと云ふのである。……
「成程、そんなものでこざるかな。」同役の二三人は、森の虱論を聞いて、感心したやうに、かう云つた。

       三

 それから、その船の中では、森の真似をして、虱を飼ふ連中が出来て来た。この連中も、暇さへあれば、茶呑茶碗を持つて虱を追ひかけてゐる事は、外の仲間と別に変りがない。唯、ちがふのは、その取つた虱を、一々|刻銘《こくめい》に懐《ふところ》に入れて、大事に飼つて置く事だけである。
 しかし、何処《いづく》の国、何時の世でも、〔Pre'curseur〕 の説が、そのまま何人にも容れられると云ふ事は滅多にない。船中にも、森の虱論にの説が、そのまま何人《なんぴと》にも容れられると云ふ事は滅多にない。船中にも、森の虱論に反対する、Pharisien が大勢ゐた。
 中でも筆頭第一の Pharisien は井上典蔵と云ふ御徒士《おかち》である。これも亦《また》妙な男で、虱をとると必ず皆食つてしまふ。夕がた飯をすませると、茶呑茶碗を前に置いて、うまさうに何かぷつりぷつり噛んでんでゐるから、側へよつて茶碗の中を覗いて見ると、それが皆、とりためた虱である。「どんな味でござる?」と訊くと、「左様さ。油臭い、焼米のやうな味でござらう」と云ふ。虱を口でつぶす者は、何処にでもゐるが、この男はさうではない。全く点心《てんしん》を食ふ気で、毎日虱を食つてゐる。――これが先《まづ》、第一に森に反対した。
 井上のやうに、虱を食ふ人間は、外に一人もゐないが、井上の反対説に加担をする者は可成《かなり》ゐる。この連中の云ひ分によると、虱がゐたからと云つて、人間の体は決して温まるものではない。それのみならず、孝経にも、身体髪膚之《しんたいはつぷこれ》を父母に受く、敢《あへ》て毀傷《きしやう》せざるは孝の始なりとある。自《みづから》、好んでその身体を、虱如きに食はせるのは、不孝も亦甚しい。だから、どうしても虱狩るべし。飼ふべからずと云ふのである。……
 かう云ふ行きがかりで、森の仲間と井上の仲間との間には、時折口論が持上がる。それも、唯、口論位ですんでゐた内は、差支へない。が、とうとう、しまひには、それが素《もと》で、思ひもよらない刃傷沙汰《にんじやうざた》さへ、始まるやうな事になつた。
 それと云ふのは、或日、森が、又大事に飼はうと思つて、人から貰つた虱を茶碗へ入れてとつて置くと、油断を見すまして井上が、何時の間にかそれを食つてしまつた。森が来て見ると、もう一匹もない。そこで、この 〔Pre'curseur〕 の説が、そのまま何人にも容れられると云ふ事は滅多にない。船中にも、森の虱論にが腹を立てた。
「何故、人の虱を食はしつた。」
 張肘《はりひぢ》をしながら、眼の色を変へて、かうつめよると、井上は、
「自体、虱を飼ふと云ふのが、たはけ[#「たはけ」に傍点]ぢやての。」と、空嘯《そらうそぶ》いて、まるで取合ふけしきがない。
「食ふ方がたはけ[#「たはけ」に傍点]ぢや。」
 森は、躍起となつて、板の間をたたきながら、
「これ、この船中に、一人として虱の恩を蒙らぬ者がござるか。その虱を取つて食ふなどとは、恩を仇でかへすのも同前《どうぜん》ぢや。」
「身共は、虱の恩を着た覚えなどは、毛頭ござらぬ。」
「いや、たとひ恩を着ぬにもせよ、妄《みだり》に生類《しやうるゐ》の命を断つなどとは、言語道断《ごんごだうだん》でござらう。」
 二言三言云ひつのつたと思ふと、森がいきなり眼の色を変へて、蝦鞘巻《えびさやまき》の柄《つか》に手をかけた。勿論、井上も負けてはゐない。すぐに、朱鞘《しゆざや》の長物《ながもの》をひきよせて、立上る。――裸で虱をとつてゐた連中が、慌てて両人を取押へなかつたなら、或はどちらか一方の命にも関る所であつた。
 この騒ぎを実見した人の話によると、二人は、一同に抱きすくめられながら、それでもまだ口角に泡を飛ばせて、「虱。虱。」と叫んでゐたさうである。

       四

 かう云ふ具合に、船中の侍たちが、虱の為に刃傷沙汰を引起してゐる間でも、五百石積の金毘羅船だけは、まるでそんな事には頓着しないやうに、紅白の幟を寒風にひるがへしながら、遙々として長州征伐の途に上るべく、雪もよひの空の下を、西へ西へと走つて行つた。
[#地から2字上げ](大正五年三月)



底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房
   1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行
入力:j.utiyama
校正:野口英司
1998年3月16日公開
2004年3月9日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ