青空文庫アーカイブ



「侏儒の言葉」の序
芥川龍之介

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)蔓草《つるくさ》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#地から3字上げ]芥川龍之介
-------------------------------------------------------

「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を傳へるものではない。唯わたしの思想の變化を時々窺はせるのに過ぎぬものである。一本の草よりも一すぢの蔓草《つるくさ》、――しかもその蔓草は幾すぢも蔓を伸ばしてゐるかも知れない。
[#地から3字上げ]芥川龍之介



底本:「芥川龍之介全集 第九卷」岩波書店
   1978(昭和53)年4月24日初版発行
   1983(昭和58)年1月20日第2刷発行
初出:「侏儒の言葉」文藝春秋社出版部
   1927(昭和2)年12月6日初版発行
入力:高柳典子
校正:多羅尾伴内
2003年6月29日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ