青空文庫アーカイブ



江戸の玩具
淡島寒月

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)跳《はね》たり

|:ルビの付いていない漢字とルビの付く漢字の境の記号
(例)東海道|亀山《かめやま》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#地から1字上げ]

/\:二倍の踊り字(「く」を縦に長くしたような形の繰り返し記号)
(例)かき込め/\
-------------------------------------------------------

 浅草の飛んだり跳《はね》たり
 右は年代を寛政といふ人と文政頃といふ人とあり、原品は東海道|亀山《かめやま》お化《ばけ》とて張子にて飛んだりと同様の製作にて、江戸黒船町辺にて鬻《ひさ》ぎをりしを後、助六《すけろく》に作り雷門前地内にて往来に蓆《むしろ》を敷きほんの手すさびに「これは雷門の定見世|花川戸《はなかわど》の助六飛んだりはねたり」と団十郎の声色《こわいろ》を真似て売りをりし由にて、傘の飛ぶのが面白く評判となり、江戸名物となりけるとの事。後は雷門より思ひ寄り太鼓を冠《かぶ》りし雷を造り、はては種々の物をこれに作り売りける由。安政に雷門の焼け失せしまでは売りをり、後久しく中絶の処、十余年前よりまたまた地内にて売るを見る。されどよほど彩色等丁寧になり、昔わが子供(六十年前)時代の浅草紙にて張れる疎雑《そざつ》なる色彩のものとは雲泥《うんでい》の相違にて上等となつた。狂言にたずさはりし故人某の説に、五代目か七代目(六代目は早世《そうせい》)かの団十郎が助六の当り狂言より、この助六を思ひ浮べ、売り出せりとも聞きしが、その人もなく、吾が筆記も焼け、確定しがたき説となつた。

 亀戸《かめいど》の首振《くびふり》人形 一名つるし
 初めは生《いき》た亀ノ子と麩《ふ》など売りしが、いつか張子の亀を製し、首、手足を動かす物を棒につけ売りし由。総じて人出《ひとで》群集《ぐんしゅう》する所には皆玩具類を売る見世《みせ》ありて、何か思付《おもいつ》きし物をうりしにや。この張子製首振る種類は古くからありて、「秋風や張子の虎の動き様」など宝暦頃の俳書にもあり、また唐辛奴《とうがらしやっこ》、でんがく焼姉様、力持、松茸背負女、紙吹石さげたる裸体男《はだかおとこ》など滑稽な形せしもの数ありて、この類は皆一人の思付きより仕出《しだ》せしを、さかり場あるいは神社仏閣数多くある処にて売り、皆同一のつくり様にてその出来しもとは本所《ほんじょ》か浅草か今知る由もなし。今は王子|権現《ごんげん》の辺、西新井の大師《だいし》、川崎大師、雑司《ぞうし》ケ谷《や》等にもあり、亀戸天満宮《かめいどてんまんぐう》門前に二軒ほど製作せし家ありしが、震災後これもありやなしや不知《しらず》。予《よ》少年の頃は東両国、回向院《えこういん》前にてもこのつるし多く売りをりしが、その頃のものと形はさのみ変りなけれど、彩色は段々悪くなり、面白味うせたり。前いへる場所などに鬻ぐは江戸市中に遠ざかりし所ゆゑ残れる也《なり》。
 亀戸天神様宮前の町にて今も鬻ぐ。

 今戸《いまど》の土人形
 御承知の通り、今戸は瓦、ほうろく、かはらけ、火消壺《ひけしつぼ》等種々土を以《も》つて造る所ゆゑ自然子供への玩具も作り、浅草地内、或は東両国、回向院前等に卸売見世《おろしうりみせ》も数軒ありて、ほんの素焼《すやき》に上薬《うわぐすり》をかけ、土鍋《どなべ》、しちりん、小さき食茶碗、小皿等を作り、人形は彩色あれど多くは他の玩具《おもちゃ》屋の手にて彩色し、その土地にては素焼のまゝ数を多く焼き出さんがためにてある由。俵の船積が狂詠に「色とりどり姿に人は迷ふらん同じ瓦の今戸人形」(明和年間)とも見ゆ。予記憶せる事あり、回向院門前にて鬻げる家にては皆声をかけ「しごくお持ちよいので御座い」とこの言葉を繰返へしいひ居《お》りしが、予、日々遊びに行けるよりなじみとなり、大《おおい》なる布袋《ほてい》の人形をほしいといへるに、連れし小者《こもの》の買はんとせしに、これは山城《やましろ》伏見《ふしみ》にて作りし物にて、当店の看板なればと、迷惑顔《めいわくがお》せし事ありしが、京より下り来し品も、江戸に多くありけるものと見えたり。或る人予に、かゝる事を聞かせし事あり。浅草田圃の鷲《おおとり》神社は野見《のみ》の宿禰《すくね》を祀《まつ》れるより、埴《はに》作る者の同所の市の日に、今戸より土人形を売りに出してより、人形造り初めしとなん。余事なれど酉《とり》の市とは、生たる鶏を売買せし也。農人の市なれば也。それ故《ゆえ》に細杷《こまざらえ》も多く売りしが、はては細杷のみにては品物|淋《さび》しきより、縁起物といふお福、宝づくしの類を張り抜きに作り、それに添へてかき込め/\などいふて売りけるよし、今は熊手《くまで》の実用はどこへやら、あらぬ飾物となりけるもをかし。

 柳原《やなぎわら》の福寿狸《ふくじゅだぬき》 柳森神社
 土製の小さき大小の狸を出す。神田柳原|和泉《いずみ》橋の西、七百二本たつや春|青柳《あおやぎ》の梢《こずえ》より湧《わ》く、この川の流れの岸に今|鎮座《ちんざ》します稲荷《いなり》の社に、同社する狸の土製守りは、この柳原にほど近きお玉が池に住みし狸にて、親子なる由、ふと境内にうつされたる也。(お玉が池の辺《あたり》開け住みうかりければやといふ。)親は寿を、子は福をさづけんと託宣《たくせん》ありしよりその名ありとなん。
 この狸の形せる物は、玩具といはんより巳《み》の小判、蘇民将来《そみんしょうらい》の類にて神守りの一つなりと思へり。[#地から1字上げ](大正十四年五月『鳩笛』第三号)



底本:「梵雲庵雑話」岩波文庫、岩波書店
   1999(平成11)年8月18日第1刷発行
※ルビを新仮名遣いとする扱いは、底本通りにしました。
※「雑司《ぞうし》ケ谷《や》」の「ケ」を小書きしない扱いは、底本通りにしました。
※各編小題は底本ではゴシック体で表記してあります。
入力:小林繁雄
校正:門田裕志
2003年2月9日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ