青空文庫アーカイブ



凧の話
淡島寒月

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)凧《たこ》の話も

|:ルビの付いていない漢字とルビの付く漢字の境の記号
(例)昔|葡萄牙《ポルトガル》や

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)両かしぎ[#「両かしぎ」に傍点]
-------------------------------------------------------

 凧《たこ》の話もこれまで沢山したので、別に新らしい話もないが、読む人も違おうから、考え出すままにいろいろな事を話して見よう。
 凧の種類には扇、袢纏《はんてん》、鳶《とび》、蝉《せみ》、あんどん、奴《やっこ》、三番叟《さんばそう》、ぶか、烏《からす》、すが凧などがあって、主に細工物で、扇の形をしていたり、蝉の形になっていたりするものである。これらの種類のものは支那から来たもののようである。また普通の凧の絵は、達磨、月浪《つきなみ》、童子格子《どうじごうし》、日の出に鶴、雲龍《うんりゅう》、玉取龍《たまとりりゅう》、鯉《こい》の滝上《たきのぼ》り、山姥《やまんば》に金太郎、或《ある》いは『三国志《さんごくし》』や『水滸伝《すいこでん》』の人物などのものがある。また字を書いたのでは、鷲《わし》、獅子《しし》、虎《とら》、龍《りゅう》、嵐、魚、鶴、などと大体凧《おおだこ》の絵や字は定まっている。けれども『三国志』や『水滸伝』の人物の二人立三人立などの細かい絵になると、高く揚《あが》った場合、折角の絵も分らないから、それよりも月浪とか童子格子とか、字なら龍とか嵐などがいいようである。長崎の凧は昔|葡萄牙《ポルトガル》や和蘭《オランダ》の船の旗を模したと見えて、今日でも信号旗のようなものが多い。
 糸目のつけ方にはいろいろあって、両かしぎ[#「両かしぎ」に傍点]、下糸目、上糸目、乳《ちち》糸目、三本糸目、二本糸目、本糸目などがある。両かしぎ[#「両かしぎ」に傍点]というのは、左右へかしぐようにつける糸目で、凧の喧嘩《けんか》には是非これに限る。下糸目にすれば手繰《たぐ》った時凧が下を向いて来るし、上糸目にすれば下って来る。乳糸目というのは普通糸目の他に乳のように左右へ別に二本|殖《ふ》やすのである。二本糸目というのは、うら張りの具合で、上下二本の糸目でも充分なのである。本糸目というと、即ち骨の重《かさな》った所及び角々《かどかど》全部へ糸目をつけたものである。骨は巻骨《まきぼね》即ち障子骨、六本骨、七本骨などがあって、巻骨は骨へ細い紙を巻いたもので、障子の骨のようになっているので、障子骨の名もある。六本骨七本骨は、普通の骨組みで、即ちX形に組んだ骨が這入《はい》っているのである。そうしてこの巻骨の障子骨は丈夫で良い凧としてある。なお上等の凧は、紙の周囲に糸が這入っているのが例である。
 糸は「いわない」またの名を「きんかん」というのが最もよいとしている。この凧に附随したものは、即ち「雁木《がんぎ》」と「うなり」だが、長崎では「ビードロコマ」といって雁木の代りにビードロの粉を松やに[#「松やに」に傍点]で糸へつけて、それで相手の凧の糸を摺《す》り切るのである。「うなり」は鯨を第一とし、次ぎは籐《とう》であるが、その音がさすがに違うのである。また真鍮《しんちゅう》で造ったものもあったが、値も高いし、重くもあるので廃《すた》ってしまった。今日では「ゴムうなり」が出来たようだ。それからこの「うなり」を、凧よりも長いのを付けると、昔江戸などでは「おいらん」と称《とな》えて田舎式としたものである。
 凧にも随分大きなものがあって、阿波の撫養《むや》町の凧は、美濃紙《みのがみ》千五百枚、岡崎の「わんわん」という凧も、同じく千五百枚を張るのであるという。その他、大代《おおしろ》の「菊一」というのが千四百枚、北浜の「笹」というのが千枚、吉永の「釘抜《くぎぬき》」が九百枚、木津新町の「菊巴」が九百枚の大きさである。
 珍らしいものでは、飛騨に莨《たばこ》の葉を凧にしたものがある。また南洋では袋のような凧を揚《あ》げて、その凧から糸を垂れて水中の魚を釣るという面白い用途もある。朝鮮の凧は五本骨で、真中に大きな丸い穴が空いていて、上に日、下に月が描いてある。真中に大きな穴が空いていてよく揚ると思うが、誠に不思議である。前にいった「すが凧」というのは「すが糸」であげる精巧な小さな凧で、これは今日では飾り凧とされている。これは江戸の頃、秋山正三郎という者がこしらえたもので、上野の広小路で売っていたのである。その頃この広小路のすが凧売りの錦絵《にしきえ》が出来ていたと思った。
 さて私の子供の時分のことを思い出して話して見よう。その頃、男の子の春の遊びというと、玩具《おもちゃ》では纏《まとい》や鳶口《とびぐち》、外の遊びでは竹馬に独楽《こま》などであったが、第一は凧である。電線のない時分であるから、初春の江戸の空は狭きまでに各種《いろいろ》の凧で飾られたものである。その時分は町中でも諸所に広場があったので、そこへ持ち出して揚げる。揚りきるとそのまま家々の屋根などを巧みに避けて、自分の家へ持ち帰り、家の内に坐りながら、大空高く揚った凧を持って楽しんでいたものである。大きいのになると、十四、五枚のものもあったが、それらは大人が揚げたものであった。
 私のいた日本橋|馬喰町《ばくろちょう》の近くには、秩父屋という名高い凧屋があって、浅草の観音の市の日から、店先きに種々の綺麗《きれい》な大きな凧を飾って売り出したものであった。昔は凧の絵の赤い色は皆な蘇枋《すおう》というもので描いたので、これはやはり日本橋の伊勢佐という生薬《しょうやく》屋で専売していたのだが、これを火で温めながら、凧へ塗ったものである。その秩父屋でも何時《いつ》も店で、火の上へ蘇枋を入れた皿を掛けて、温めながら凧を立て掛けて置いて、いろいろな絵を描いていたが、誠にいい気分のものであった。またこの秩父屋の奴凧《やっこだこ》は、名優|坂東三津五郎《ばんどうみつごろう》の似顔で有名なものだった。この秩父屋にいた職人が、五年ばかり前まで、上野のいとう松坂の横で凧屋をしていたが、この人の家の奴凧も、主家のを写したのであるから、やはり三津五郎の顔であった。
 それからもう一つ、私の近所で名高かったものは、両国の釣金《つりきん》の「堀龍」という凧であった。これは両国の袂《たもと》の釣竿《つりざお》屋の金という人が拵《こし》らえて売る凧で、龍という字が二重になっているのだが、これは喧嘩凧《けんかだこ》として有名なもので、随《したが》って尾などは絶対につけずに揚げるいわゆる坊主凧《ぼうずだこ》であった。
 今日でも稀《まれ》には見掛けるが、昔の凧屋の看板というものが面白かった。籠《かご》で蛸《たこ》の形を拵らえて、目玉に金紙が張ってあって、それが風でくるりくるりと引っくり返るようになっていた。足は例の通り八本プラリブラリとぶら下っていて、頭には家に依《よ》って豆絞《まめしぼ》りの手拭《てぬぐい》で鉢巻をさせてあるのもあり、剣烏帽子《けんえぼし》を被《かぶ》っているものもあったりした。
 この凧遊びも二月の初午《はつうま》になると、その後は余り揚げる子供もなくなって、三月に這入ると、もう「三月の下り凧」と俗に唱えて、この時分に凧を揚げると笑われたものであった。
 さておしまいに、手元に書きとめてある凧の句を二ツ三ツ挙げて見よう。
[#ここから3字下げ]
えた村の空も一つぞ凧《いかのぼり》 去来
葛飾や江戸を離れぬ凧 其角
美しき凧あがりけり乞食小屋 一茶
物の名の鮹や古郷のいかのぼり 宗因
糸つける人と遊ぶや凧 嵐雪
今の列子糸わく重し人形凧 尺草
[#ここで字下げ終わり]
[#地から1字上げ](大正七年一月『趣味之友』第二十五号)



底本:「梵雲庵雑話」岩波文庫、岩波書店
   1999(平成11)年8月18日第1刷発行
※「ぶか」のあとに編集部の注記がありますが、除きました。
※本作品中には、身体的・精神的資質、職業、地域、階層、民族などに関する不適切な表現が見られます。しかし、作品の時代背景と価値、加えて、作者の抱えた限界を読者自身が認識することの意義を考慮し、底本のままとしました。(青空文庫)
入力:小林繁雄
校正:門田裕志
2003年2月9日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ