青空文庫アーカイブ



三角と四角
巖谷小波

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)中《うち》に

|:ルビの付いていない漢字とルビの付く漢字の境の記号
(例)大方|諸君《みなさん》も

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#丸括弧付きで、「(筆)」のように示された台詞はすべて、折り返して2行目からは1字下げ]
-------------------------------------------------------

 数学の中《うち》に幾何というものがある。幾何を学ぶにわ、是非とも定木《じょうぎ》が入る。その定木の中に、三角定木というのがある。――これわ大方|諸君《みなさん》も御存じでしょう。
 ところがこの三角定木、自分の体にわ、三方に尖《とが》った角のあるのを、大層自慢に致し、世間に品も多いが、乃公《おれ》ほど角のあるものわあるまい、角にかけてわ乃公が一番だと、たった三つよりない角を、酷《ひど》く鼻にかけておりました。
 すると或《あ》る日、同じ机の上にあった鉛筆が来ていうにわ、
[#以下、丸括弧付きで、「(筆)」のように示された台詞はすべて、折り返して2行目からは1字下げ]
(筆)三角さん三角さん、お前わ平常《ふだん》から大層その角を自慢しているし、私《わし》らもまたお前ほど角の多いものわないと思っていたが、この間来た画板《がばん》を見たかイ。あれわお前よりまた角が多いぜ。
と、いいますから、三角わ少し不平の顔色で、
(三)ナニ僕より角の多い奴《やつ》がおる。馬鹿いい給《たも》うな。凡《およ》そ世界わ広しといえども、僕より余計に角を持《もっ》た奴わないはずだ。
(筆)ところがあるから仕方がない。
(三)ナニそれわ君|達《ら》の眼が如何《どう》かしてるのだ。
(筆)ナニ如何《どう》も仕てるものか、嘘《うそ》だと思うなら行《いっ》て見給え!
(三)そんなら行《いっ》て見よう。嘘だったら承知しないよ。
(筆)いいとも嘘なら首でもやるワ。
と、これから連れ立って行て見ますと、なるほど画板わ真ッ四角で、自分よりわ一角多く、しかも今まで自分を褒《ほ》めていた連中が、今でわみんな画板の方ばかり向いて、頻《しき》りにその角を褒めている様子です。
(筆)どうだイ嘘じゃあるまい。
(三)なるほど此奴《こいつ》わ恐れ入《いっ》た。
と、さすがの三角定木も、こうなると頭を掻《か》くより他《ほか》わありません。大いに面目を失いましたが、しかし心の中《うち》でわ、まだ負惜しみという奴があって、おのれ生意気な画板め、余計な角を持《もっ》て来やがって、よくも乃公《おれ》に赤恥をかかせやがったな。どうするか覚えていろと、果《はて》わ悔《くや》しまぎれに良くない了簡《りょうけん》を起しました。
 で、そのまま帰ると、直ぐに近所の鋏《はさみ》の処《ところ》え参り、
(三)鋏君、申兼《もうしかね》たが今夜一ト晩、君の体を貸してくれまいか。
 鋏わこれを聞いて、
(鋏)なるほど、次第によってわ貸すまいものでもないが、一体何を切るのだ。
(三)ちっと硬《かた》いものを切りたいのだが、よく切れるかイ。
(鋏)大抵なものなら切《きっ》て見せるが、それでも六《むず》かしいと思うならまア一遍|磨《と》いで行くさ。
(三)そうか、そんなら磨がしてくれたまえ。痛かろうけども頼まれたが因果だ、ちっとの間辛抱頼む。
と、これから三角定木わ、件《くだ》んの鋏をば磨ぎ立てまして、もうこれならば大丈夫と、その日の暮れるのを、今か今かと待ちかまえておりました。
 その中《うち》に日も暮れて、夜も更《ふ》けて、四隣《あたり》も寝静まったと思う頃、三角定木わムクムクと床を出て例の鋏をば小脇《こわき》にかかえ、さし足ぬき足で、彼《か》の画板の寝ている処え、そっと忍んで参りました。
 見ると画板わ、前後も知らぬ高鼾《たかいびき》で、さも心持|快《よ》さそうに寝ておりますから、〆《し》めた! おのれ画板め、今|乃公《おれ》が貴様の角を、残らず取り払ってやるからにわ、もう明日《あした》からわ角なしだ、いくら威張っても追い付かんぞと、腹の中で散々悪態を吐《つ》きながら、突然チョキリ! 一角|切《きっ》て落しましたが、まだ気が付かない様子ですから、また一角をチョキリ! それでも眼《め》が醒《さ》めないから、こりゃよくよく寝坊だわイ、といいながら、チョキリ! チョキリ! とうとう四角とも切り落し、まずこれで溜飲《りゅういん》が下がった。どりゃ帰って寝よう、鋏さん大きに御苦労だったと、急いでわが家《や》え帰って、そのまま寝てしまいました。
 さてその翌朝、何|喰《く》わぬ顔で床を出て見ますと、世間でわ大評判で、逢《あ》う者ごとに、
 「画板わえらいえらい。」
と、頻《しき》りに画板を褒め立てますから、如何《どう》した事かと行《いっ》て見ますと、こわいかに、昨日まで四角であった画板わ、今朝《けさ》わ八角に成って、意気揚々と歩行《ある》いております。
 四角の角々を切り落せば、角の数が倍になって、八角に成るのわ当然《あたりまえ》、しかもそれわ自分の所業《しわざ》であるのに、そうとわ心付かぬ三角定木、驚いたの驚かないの!
(三)ヒヤーこりゃ如何《どう》じゃ。アノ四角|奴《め》、一夜の中《うち》に八角に成りよった。この分でわまた明日わ、十角や二十角にも成るだろう、こりゃ所詮《しょせん》叶《かな》わぬわイ。
と、とうとう兜《かぶと》を脱いで降参しましたとわ、身のほど知らぬ大白痴《おおたわけ》。



底本:「日本児童文学名作集(上)」岩波文庫、岩波書店
   1994(平成6)年2月16日第1刷発行
底本の親本:「小波お伽百話」博文館
   1911(明治44)年1月初版発行
初出:「幼年雑誌」博文館
   1894(明治27)年10月号
※本作品は、作者が提唱した、発音どおりの仮名遣い「お伽仮名」によっている。1900(明治33)年から2年間、巖谷小波は、ベルリン大学東洋語学校で日本語を教えたが、その際の経験から、日本語の仮名遣いは煩雑過ぎると考え、お伽噺を発音通りの仮名遣いで表記するようになった。初出時は歴史的仮名遣いで書かれていた本作品も、底本の親本に収録されるに際して、書きあらためられた。
入力:hongming
校正:門田裕志
2001年12月22日公開
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




前のページに戻る 青空文庫アーカイブ