青空文庫アーカイブ



虚弱
三島霜川

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)友《とも》と

|:ルビの付く文字列の始まりを特定する記号
(例)庭|柘榴《ざくろ》の花に

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#「のた」に傍点]

/\:二倍の踊り字(「く」を縦に長くしたような形の繰り返し記号)
(例)紅々《あか/\》と
*濁点付きの二倍の踊り字は「/″\」
-------------------------------------------------------

 友《とも》と二人《ふたり》でブラリと家《いへ》を出《で》た。固《もと》より何處《どこ》へ行《ゆ》かうといふ、的《あて》もないのだが、話《はなし》にも厭《あ》きが來《き》たので、所在なさに散歩《さんぽ》と出掛《でか》けたのであツた。
 入梅《つゆ》になッてからは毎日《まいにち》の雨降《あめふり》、其《それ》が辛《やつ》と昨日《きのふ》霽《あが》ツて、庭|柘榴《ざくろ》の花に今朝《けさ》は珍《めづ》らしく旭《あさひ》が紅々《あか/\》と映《さ》したと思《おも》ツたも束《つか》の間《ま》、午後《ごゝ》になると、また灰色《はいいろ》の雲《くも》が空《そら》一面《いちめん》に擴《ひろ》がり、空氣《くうき》は妙《めう》に濕氣《しつけ》を含《ふく》んで來《き》た。而《そし》て頭《あたま》が重《おも》い。
「厭《いや》な天氣《てんき》だね。」
「こんな日《ひ》は何《ど》うも氣《き》が沈《しづ》んで可《い》けないものだ。」
味《あぢ》も素氣《そつけ》もないことを云《い》ツて、二人は又《また》黙《だま》ツて歩《ほ》を續《つづ》ける。
 道路《どうろ》の左側《さそく》に工場《こうば》が立《た》ツてゐる處《ところ》に來《き》た。二十|間《けん》にも餘《あま》る巨大《きよだい》な建物《たてもの》は、見《み》るから毒々《どく/\》しい栗色《くりいろ》のペンキで塗《ぬ》られ、窓《まど》は岩|疊《たたみ》な鐵格子《てつがうし》、其《それ》でも尚《ま》だ氣《き》が濟《す》まぬと見《み》えて、其《そ》の内側《うちがは》には細《ほそ》い、此《これ》も鐵製《てつせい》の網《あみ》が張詰《はりつ》めてある。何《なに》を製造《せいぞう》するのか、間断《かんだん》なし軋《きし》むでゐる車輪《しやりん》の響《ひびき》は、戸外《こぐわい》に立つ人《ひと》の耳《みみ》を聾《ろう》せんばかりだ。工場《こうば》の天井《てんじよう》を八重《やえ》に渡《わた》した調革《てうかく》は、網《あみ》の目《め》を透《とお》してのた[#「のた」に傍点]打《う》つ大蛇の腹《はら》のやうに見えた。
[#ここから1字下げ]
「恨《うら》ましやすんな、諦《あきら》めなされ、
 日《ひ》の眼《め》拜《おが》まぬ牢屋《ろうや》の中《なか》で、 
 手錠《てじやう》、足械《あしかせ》悲《かな》しいけれど、
 長《なが》い命《いのち》ぢやもうあるまいに
 何《ど》うせ自暴《やけ》だよ……」
[#ここで字下げ終わり]
 皺嗄《しやが》れた殆《ほとん》ど聴取《きゝと》れない程《ほど》の聲《こゑ》で、恁《か》う唄《うた》ふのが何處《どこ》ともなく聽《きこ》えた。私《わたし》は思《おも》はず少《すこ》し歩《あゆみ》を緩《ゆる》くして耳《みゝ》を傾《かたむ》けた。
 機械《きかい》の轟《とどろき》、勞働者《ろうどうしや》の鼻唄《はなうた》、工場《こうば》の前《まへ》を通行《つうかう》する度《たび》に、何時《いつ》も耳にする響と聲だ。決《けつ》して驚《おどろ》くこともなければ、不思議《ふしぎ》とするにも足《た》らぬ。併《しか》し何《ど》ういふものか此時《このとき》ばかり、私《わたし》の心《こころ》は妙《めう》に其方《そつち》に引付《ひきつ》けられた。資本主《しほんぬし》と機械《きかい》と勞働《らうどう》とに壓迫《あつぱく》されながらも、社會《しやくわい》の泥土《でいど》と暗黒《あんこく》との底《そこ》の底に、僅《わづか》に其の儚《はかな》い生存《せいぞん》を保《たも》ツてゐるといふ表象《シンボル》でゞもあるやうな此《こ》の唄《うた》には、何《な》んだか深遠《しんえん》な人生《じんせい》の意味《ゐみ》が含《ふく》まれてゐるやうな氣がしてならなかツた。
 けれども勞働者の唄は再《ふたゝ》び聽《きこ》えなかツた。只《たゞ》軋《きしめ》く車輪《しやりん》と鐵槌《てつつゐ》の響とがごツちやになツて聞《きこ》えるばかりだ。若《も》しや哀《あは》れな勞働者は其の唄の終《をは》らぬ中《うち》、惡魔《あくま》のやうな機械の運轉《うんてん》の渦中《くわちう》に身躰《からだ》を卷込《まきこ》まれて、唄の文句《もんく》の其の通《とほ》り、長《なが》くもない生涯《しようがい》の終《をはり》を告《つ》げたのではあるまいか。と、私《わたし》はこんな馬鹿氣《ばかげ》たことまで空想《くうさう》して見た。
「何んだか悲《かな》しい唄ぢやないか。」といふと、
「然《さ》うだね。僕《ぼく》は何んだか胸苦《むなぐる》しくなツて來《き》たよ。」と儚ないやうな顏《かほ》をしていふ。
「何うして急《きふ》に舍《よ》して了《しま》ツたのだらう。」
「然うさね。」
其《それ》は永遠《えいえん》に解《と》けない宇宙《うちう》の謎《なぞ》でもあるかのやう。友と私とは首《くび》を垂《た》れて工場の前を通過《とほりす》ぎた。
「君《きみ》、此《こ》の頃《ごろ》躰《からだ》は何うかね。」と暫《しばら》くして私はまた友に訊《たづ》ねた。私|達《たち》は會《あ》ふと必《かなら》ず孰《どツ》ちか先《さき》に此《こ》の事を訊《き》く。一《ひと》つは二人|共《とも》躰に惡《わる》い病《やまい》を有《も》ツてゐるからでもあらうが、一つはまた面白《おもしろ》くない家内《かない》の事情《じゞやう》が益々《ます/\》其《そ》の念《おもひ》を助長《ぢよてう》せしむるやうになツてゐるので、自然《しぜん》陰欝《ゐんうつ》な、晴々《はれ/″\》しない、稍《や》もすれば病的《びやうてき》なことのみを考《かんが》へたり言《い》ツたりするのであらう。
「躰?」と友は些《ちよ》ツと私の方《はう》を見て、「躰は無論《むろん》惡《わる》いさ。加此《それに》此《こ》の天氣《てんき》ぢやね。」
「矢張《やつぱり》惡いのか。そりや可《い》かんね。何ういふ風《ふう》に?……矢張|何時《いつ》ものやうに。」
「然う。まア、然うなんだらう、頭《あたま》が變《へん》にフラ/\するし、其に胸《むね》が何うも。」
「痛《いた》むのか。」
「あゝ。」
「そりや困《こま》るな。」
頭の所爲《せい》か天氣《てんき》の加減《かげん》か、何時もは随分《ずゐぶん》よく語《かた》る二人も、今日《けふ》は些ツとも話《はなし》が跳《はづ》まぬ。
「躰も無論惡いが」と暫らくして友は思出《おもひだ》したやうに、「それよりか、精神上《せいしんじよう》の打撃《だげき》はもツと/\胸に徹《こた》へるね。」
「……………」
「あゝ、僕あもう絶望《ぜつぼう》だよ!」投出《なげだ》すやうな調子《てうし》で友は云ツた。私の胸は鉛《なまり》のやうに重《おも》くなツた。
「曩《さき》の勞働者の唄ね、君《きみ》は何う思《おも》ふか知《し》らないけれど、あれを聽いてゐて、僕は身《み》につまされて何んだか泣《な》きたくなるやうな氣がしたよ。」
「然うかい、君も然うなのかい、」と私は引取ツて、「工場の前も幾度《いくたび》通《とほ》ツたか知れないが、今日|程《ほど》悲しいと感《かん》じたことは是《これ》まで一度《いちど》もなかツた。其にしても君、僕等《ぼくら》の一生《いつしよ》も好《よ》く考《かんが》へて見れば、あの勞働者なんかと餘り違《ちが》やしないな。」
「然うさ、五十|歩《ぽ》百歩《ひやくぽ》さ」と、友は感慨《かんがい》に耐《た》へないといふ風《ふう》で、「[#「「」は底本では欠落]少許《すこし》字《じ》が讀《よ》めて、少許|知識《ちしき》が多《おほ》いといふばかり、大躰《だいたい》に於《おい》て餘り大《たい》した變りはありやしない。口《くち》では意志《ゐし》の自由《じゆう》だとか、個人《こじん》の權威《けんゐ》だとか立派《りつぱ》なことは云ツてゐるものゝ、生活《せいくわつ》の爲《た》めには心《こゝろ》にもない業務《ぎやうむ》を取ツたり、下《さ》げなくても可い頭も下げなければならない。勞働者勞働者と一口に賤《いやし》んだツて、我々《われ/\》も其の勞働者と些ツとも違やしないぢやないか。下らぬ理屈《りくつ》を並《なら》べるだけ却《かえ》ツて惡いかも知れない。」
 藝術《げいじゆつ》の價値《かち》だの、理想《りさう》の永遠《えいえん》だのといふことを、毎《いつ》も口癖《くちぐせ》のやうにしてゐる友としては、今日の云ふことは何《なん》だか少《すこ》し可笑《おか》しい……と私は思ツた。
「けれども……、」と友は少《すこ》し考《かんが》へて、「僕等は迚《とて》も勞働者を以《もつ》て滿足《まんぞく》することは出來《でき》ない。よし僕等の生涯《しようがい》は、勞働者と比較《ひかく》して何等《なんら》の相違《さうゐ》がないとしても、僕等は常《つね》に勞働者的生涯から脱《だつ》して、もう少し意味ある、もう少し價値あるライフに入《い》りたいと希望《きぼう》してゐる。生れて人間《にんげん》の價値をも知らず、宇宙の意味をも考へないで、一生を衣食《いしよく》の爲《ため》に營々《えい/\》[#ルビの「えい/\」は底本では「/\」]として浪費《らうひ》して了ツたら、其は随分|辛《つら》いだらうが、高《たか》が些々《さゝ》たる肉躰上《にくたいじよう》の苦痛《くつう》のみなのだから、其の人《ひと》に取ツては或《ある》意味に於て寧《むし》ろ幸福《かうふく》であるかも知れない。讀書《どくしよ》は徒《いたづ》らに人の憂患《わづらひ》を増《ま》すのみの歎《なげき》は、一世《いつせい》の碩學《せきがく》にさへあることだから、單《たん》に安樂《あんらく》といふ意味から云ツたら其も可《よ》からうけれど、僕等は迚《とて》も其ぢや滿足出來ないぢやないか。そんな無意|義《ぎ》な生涯なら動物《どうぶつ》でも送《おく》ツてゐる。如何《いか》に何んでも、僕は動物となツてまでも安《やす》さを貪《むさぼ》らうとは思はないからな!」
 沈痛《ちんつう》な調子《てうし》で恁《か》う云ツて、友は其の幅《はゞ》のある肩《かた》を聳《そび》やかした。
「あゝ僕等は何うして恁う不幸《ふかう》なんだらう。精神上《せいしんじよう》にも肉躰上《にくたいじよう》にも、毎も激《はげ》しい苦痛ばかりを感じて、少しだツて安らかな時《とき》はありやしない。恁うして淋《さび》しい一生を送ツて行《い》かなきやならないかと思ふと、僕は自分《じぶん》の將來《せうらい》といふものが恐《おそ》ろしいやうな氣がしてならない。」
「眞《ほ》ンとに」と、友は痛く感じたやうな語調《てうし》で、「僕等の將來は暗黒《あんこく》だ。けれども其の埒外《らちぐわい》に逸《ゐつ》することの出來ないのが運命《うんめい》なのだから爲方《しかた》がない、性格悲劇《せいかくひげき》といふ戯曲《ぎきよく》の一種《いつしゆ》があるが、僕等が丁度《てうど》其だ。僕等の此《こ》の性格が亡《ほろ》ぼされない以上、僕等は到底《たうてい》幸福《かうふく》な人となることは出來ない。」
「けれども、」と私は口《くち》を挿《はさ》んで、「けれども其の一種の性格が僕等の特長《とくてう》なんぢやないか。此の性格が失《うしな》われた時は、即《すなわ》ち僕は亡《ほろ》びたのだ。然うしたら社會の人として、或《あるひ》は安楽《あんらく》な生活《せいくわつ》を爲《な》し得《う》るかも知れない。併《しか》し精神|的《てき》には、全《まつた》く死《し》んで了ツたのも同《おな》じことなんだ!」
「然うだ、其だから僕等の生涯は永久《えいきゆう》に暗黒だと云ふのだ!家庭《かてい》は人生《じんせい》の活動《くわつどう》の源《みなもと》である、と、人に依《よ》ツてはこんなことを云ふ者《もの》もある。成程《なるほど》、一日《いちにち》の苦|闘《とう》に疲《つか》れて家《いへ》に歸《かへ》ツて來る、其處《そこ》には笑顏《ゑがほ》で迎《むか》へる妻子《さいし》がある、終日《しうじつ》の辛勞《しんらう》は一杯《いつぱい》の酒《さけ》の爲《ため》に、陶然《たうぜん》として酔《え》ツて、全《すべ》て人生の痛苦《つうく》を忘《わす》れて了ふ。恁ういふことが出來たら、其は嘸《さぞ》樂しいことだらう。併しこんなことが果《はた》して僕等に出來るだらうか、少くとも僕等はそんなことを爲《な》し得《う》る素質《そしつ》を有《いう》してゐるだらうか。何《ど》うして思ひもよらぬことだ。」と少し苛々《いらいら》したやうな調子で、
「あゝ孤獨《こどく》と落魄《らくばく》!之《これ》が僕の運命《うんめい》だ。僕見たいな者《もの》が家庭を組織《そしき》したら何うだらう。妻《つま》には嘆《なげ》きを懸《か》け子《こ》には悲しみを與《あた》へるばかりだ。僕は、病床《びやうしよう》を侍《ぢ》して[#「侍《ぢ》して」は底本では「待《ぢ》して」]看護《かんご》して呉《く》れる、優《やさ》しい女性《ぢよせい》の手《て》も知らないで淋《さび》しい臨終《りんじゆう》を遂《と》げるんだ!」
 私は默《もく》して只《たゞ》歩《あゆみ》を運んだ。實際《じつさい》何《なん》と云ツて可いやら、些と返答《へんたう》に苦《くる》しんだからである[#「である」は底本では「でかる」]。友の思想と自分の思想とは常《つね》に殆《ほとん》ど同じで、其の一方の感ずることは軈《やが》て又《また》他方《たほう》の等《ひと》しく感ずる處であるが、今《いま》の場合《ばあひ》のみは、私は直《たゞち》に賛同《さんどう》の意を表《ひやう》することが出來なかツた。其の生涯の孤獨といふ考には心《こゝろ》から同情《どうじやう》しながらも、猶《なほ》他に良策《りやうさく》があるやうに思はれてならなかツた。少くとも自分だけは、もう些ツと温《あたたか》な、生涯を送りたいやうな氣がしてならなかツた。
 ふと眼《め》を我《わが》歩《あゆ》み行《ゆ》く街路《がいろ》の前方《ぜんぽう》に向《む》けた。五六|間《けん》先《さき》から年頃《としごろ》の娘《むすめ》が歩いて來る。曇日《くもりび》なので蝙蝠《かほもり》は窄《すぼ》めたまゝ手《て》にしてゐる故《せい》か、稍《やゝ》小さい色白《いろじろ》の顏は、ドンヨリした日光《ひざし》の下に、まるで浮出《うきだ》したやうに際立《きわだ》ってハツキリしてゐる。頭はアツサリした束髪《そくはつ》に白《しろ》いリボンの淡白《たんぱく》な好《このみ》。娘《むすめ》は歩《あゆ》みながら私の顏を凝《ぢつ》と見入ツた。あゝ其の意味深い眼色《めいろ》!私は何んと云ツて其を形容《けいやう》することが出來やう。媚《こび》るやうな、嬲《なぶ》るやうな、そして何《なに》かに憧《あこが》れてゐるやうな其の眼……私は少女《せうぢよ》の其の眼容《まなざし》に壓付《おしつ》けられて、我にもなく下を向いて了つた。其の間《うち》に娘は艶《なまめ》かしい衣《きぬ》の香《か》を立《た》てながら、靜《しづか》に私の側《はた》を通ツて行ツた。
「フアゾムレス アイズ!」
 私は幾度となく此の言葉《ことば》を心の中《なか》で繰返《くりかへ》して見た。
 少女の眼は滅《め》入り込《こ》んだ私の胸を輕《かろ》くさせた。今までの悲哀《ひあい》や苦痛は固《もと》より其によツて少しも減《げん》ぜられたといふ譯《わけ》ではないが、蔽重《おつかさ》なツた雲《くも》の間《あひだ》から突然《とつぜん》日の光《ひかり》が映《さ》したやうに、前途《ぜんと》に一抹《いちまつ》の光明《くわうめう》が認《みと》められたやうに感じて、是《これ》からの自分の生活というものが、何《なん》だか生効《いきがひ》のあるやうに思はれた。若《わか》き血潮《ちしほ》の漲《みな》ぎりに、私は微醺《びくん》でも帶《お》びた時のやうにノンビリ[#「ノンビリ」は底本では「ノンドリ」]した心地《こゝち》になツた。友はそんなことは氣が付《つ》かぬといふ風《ふう》。丁度《てうど》墓門《ぼもん》にでも急《いそ》ぐ人のやうな足取《あしどり》で、トボ/\と其の淋しい歩《あゆみ》を續《つゞ》けて行ツた。



底本:「三島霜川選集(中巻)」三島霜川選集刊行会
   1979(昭和54)年11月20日発行
初出:「新声」
   1908(明治41)年2月1日号
※新字と旧字の混在は、底本通りとしてました。
入力:小林 徹
校正:松永正敏
2003年12月6日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ