青空文庫アーカイブ



女性の不平とよろこび
岡本かの子

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)欠伸《あくび》を

|:ルビの付く文字列の始まりを特定する記号
(例)有史以来|圧《おさ》え

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)ためて[#「ためて」に傍点]
-------------------------------------------------------

 女が、男より行儀をよくしなければならないということ。
 人前で足を出してはいけない、欠伸《あくび》をしてはいけない、思うことを云《い》ってはいけない。
 そんな不公平なことはありません。女だって男と同じように疲れもする、欠伸もしたい、云い度《た》いと思うことは沢山《たくさん》ある。疲れやすいこと欠伸をしたいことなどは、むしろ男より女の方がよけいかもしれない。それだのに、なぜ、昔から男は、食後でも人前でも勝手《かって》に足を出し欠伸をし、云い度いことも云えるのに、女にそれが許されないのだろう。
 外側をためて[#「ためて」に傍点]ばかりいると、内側の生命が萎縮《いしゅく》してしまう。
 男が伸々《のびのび》と拘束《こうそく》なしに内側の生命を伸《のば》す間に、女は有史以来|圧《おさ》えためられてそれを萎縮《いしゅく》されてしまった。
 生理的から観《み》ても、女の肉体は男より支持力に堪《た》えがたい、乳房の重み、腰部《ようぶ》の豊満《ほうまん》、腹部も男より複雑であります。
 殊《こと》にこの特長の発達している私には食後の大儀《たいぎ》なこと、客人《きゃくじん》の前の長時間などは、つくづくこの女子にのみ課せられた窮屈《きゅうくつ》な風習《ふうしゅう》に懲《こ》りて居《い》ます。
 この頃ではこの議を随分《ずいぶん》自分から提唱《ていしょう》して、乱れぬ程度でこの女のみに強《し》いられた苛酷《かこく》な起居《ききょ》から解放されて居るには居ます。思い出しました。四五年前の与謝野《よさの》家の歌会《うたかい》の時、その座のクインであった晶子《あきこ》夫人が、着座《ちゃくざ》しばらくにして、上躯《じょうたい》を左方に退《ひ》き膝《ひざ》を曲げてその下から一脚《ひとあし》を曲げて右方へ出されました。夫人特有の真白い素足《すあし》が、夫人の濃紫《こむらさき》の裾《すそ》から悠々《ゆうゆう》と現われました。
 夫人は、これだけのムードを事もなげな経過ぶりで満座《まんざ》のなかに行われたのであります。そして石井柏亭《いしいはくてい》と平気で談笑して居《お》られました。
 達手《だて》で自由で宜《よ》い、と私は傍《そば》で思いました。いかにも文明国の、そして自由な新時代の女性としての公平なポーズ(姿態《したい》)だと思いました。
 ただ、女は何と云《い》っても、男より、外観美を保たなくてはいけない、これは理屈《りくつ》より審美《しんび》的立場から云《い》うのです。で、如何《いか》に、挙措《きょそ》を解放するにしても、常に或《ある》程度の収攬《しゅうらん》を、おのずから自分の上に忘れてはいけません。
 美的な放恣《ほうし》、つつましやかな自由、それはどうあるべきかと追求されてもこまるけれど、とにかく以上の字義どおり何《いず》れの女性も心術《しんじゅつ》として欲《ほ》しい、結果はおのずから達成せられるでありましょう。
 女も男と同じように働き、学び、考える時代となり、尚《なお》上述の条件を男子側より否定されるならば、永遠に、女性の生命は内面の不平を堪《こら》えて男子を羨《うらや》み続けるでありましょう。
 女性のよろこびを考えるうちに「化粧」が思い浮べられた。
 男でも化粧する人はある。しかしそれに凝《こ》ったにしても到底《とうてい》女の範囲《はんい》にまで進んで来ることは出来《でき》なかろう。
 女でも化粧しない人がある。化粧しないでも美しい人がある。しかし、そういう人はまれである。そして、そういう人も化粧すればなお美しくなる。そして、そういう人も年が三十にかかればどうしても化粧の手を借りなければいくらか醜《みにく》くなる。
 化粧するのが面倒《めんどう》でしないのは仕方《しかた》がない。化粧しないでも美くしいと自信をもって、しかもしないことを平気で居《い》て、他人のすることをまた他人の仕業《しわざ》として平気に眺めて居るのはいいが化粧しないのを自慢にしたり、他の女がするのを軽蔑《けいべつ》したりするのは愚《ぐ》である、傲慢《ごうまん》である。女性の何人《なんぴと》も化粧をするのは好《よ》い、可憐《かれん》である。美女は美女なりに、醜女《しこめ》は醜女なりに、いかにも女性の心の弱さ、お洒落《しゃれ》さ、見栄坊《みえぼう》であることを象徴して好い。
 美女が化粧《よそお》えば一層《いっそう》の匂《にお》いを増《ま》し醜女がとりつくろえば、女性らしい苦労が見えて、その醜なのが許される。
 ともあれ、女と生れた大方《おおかた》の女性にあって、着物の柄、帯の色、おしろい眉《まゆ》ずみ、口紅を揃えてしばらく鏡の前のよろこび(それにいらだたしさもどかしさは交《まじ》るとも)女にのみ許されたそのよろこびを経験せぬものは少ないでしょう。



底本:「愛よ、愛」メタローグ
   1999(平成11)年5月8日第1刷発行
底本の親本:「岡本かの子全集」冬樹社
   1976(昭和51)年発行
入力:門田裕志
校正:土屋隆
2004年3月30日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ