青空文庫アーカイブ



どんたく 絵入り小唄集
竹久夢二

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)床《とこ》

|:ルビの付いていない漢字とルビの付く漢字の境の記号
(例)六|羽《ぱ》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#改丁、横組み]
-------------------------------------------------------

こはわが少年の日のいとしき小唄なり。
いまは過ぎし日のおさなきどちにこのひとまきをおくらむ。
お花よ、お蝶よ、お駒よ、小春よ。太郎よ、次郎よ、草之助よ。げに御身たちはわがつたなき草笛の最初のききてなりき。

[#改丁、横組み]
 TO
[#改ページ、横組み]
 NEMU-NO-KI NEMU-NO-KI
 NEYA SYANSE.
 OKANE GA NATTARA
 OKYA SYANSE.
[#以上の「E」はすべてアクサンテギュ付き]
[#改丁、挿し絵入る、11]
[#改丁、左寄せ]
どんたく
[#改丁]

 歌時計

ゆめとうつつのさかひめの
ほのかにしろき朝の床《とこ》。
かたへにははのあらぬとて
歌《うたひ》時計《どけい》のその唄《うた》が
なぜこのやうに悲しかろ。
[#改ページ]

 ゆびきり

指《ゆび》をむすびて「マリヤさま
ゆめゆめうそはいひませぬ」
おさなききみはかくいひて
涙うかべぬ。しみじみと
雨はふたりのうへにふる
またスノウドロツプの花びらに。
[#改ページ]

 紡 車

しろくねむたき春の昼
しづかにめぐる紡車《いとぐるま》。
をうなの指をでる糸は
しろくかなしきゆめのいと
をうなの唄《うた》ふその歌は
とほくいとしきこひのうた。
たゆまずめぐる紡車《いとぐるま》
もつれてめぐる夢《ゆめ》と歌《うた》。
[#改丁、挿し絵入る、19]
[#改丁]

 人 買

秋のいり日はあかあかと
蜻蛉《とんぼ》とびゆくかはたれに
塀《へい》のかげから青《あを》頭巾《づきん》。

「やれ人買《ひとかひ》ぢや人買《ひとかひ》ぢや
どこへにげようぞかくれうぞ」
赤い蜻蛉《とんぼ》がとびまはる。
[#改ページ]

 六地蔵

背合《せなかあはせ》の六《ろく》地蔵《ぢざう》
としつきともにすみながら
ついぞ顔《かほ》みたこともない。
でもまあ苦《く》にもならぬやら
いつきてみても年《とし》とらず
赤くはげたる涎掛《よだれかけ》。
[#改ページ]

 越後獅子

角兵衛《かくべゑ》獅子《じし》のかなしさは
親《おや》が太鼓《たいこ》うちや子《こ》がおどる。
股《また》のしたから峠《たうげ》をみれば
もしや越後《ゑちご》の山かとおもひ
泣いてたもれなともどもに。

角兵衛《かくべゑ》獅子《じし》の身《み》のつらさ。
輪廻《りんね》はめぐる小車《をぐるま》の
蜻蛉《とんぼ》がへりの日《ひ》もくれて
旅籠《やど》をとろにも銭《ぜに》はなし
あひの土山《つちやま》あめがふる。
[#改丁、挿し絵入る、25]
[#改丁]

 赤い木の実

雪《ゆき》のふる日に小兎《こうさぎ》は
あかい木《こ》の実《み》がたべたさに
親《おや》のねたまに山《やま》をいで
城《しろ》の門《もん》まできはきたが
あかい木《こ》の実《み》はみえもせず
路《みち》はわからず日はくれる
ながい廊下《らうか》の窓《まど》のした
なにやら赤いものがある
そつとしのむできてみれば
こは姫君《ひめぎみ》のかんざしの
珊瑚《さんご》のたまかはつかしや
たべてよいやらわるいやら
兎《うさぎ》はかなしくなりました。
[#改ページ]

 鐘

村で名代《なだい》の鐘撞《かねつき》男《をとこ》
月がよいのでうかうかと
鐘《かね》をつくのもつひわすれ
灯《ひ》のつく街《まち》がこひしさに
山から港《みなと》へではでたが
日がくれるのに山寺《やまでら》の
鐘《かね》はつんともならなんだ
村長《そんちやう》さまはあたふたと
鐘撞《かねつき》堂《だう》へきてみれば
伊部《いんべ》徳利《とくり》に月がさし
ちんちろりんがないてゐた。
アトレの馬ではあるまいし
鐘《かね》がならうがなるまいが
子供のしつたことでなし
うらの菜園《さゑん》の椎《しひ》の木に
ザボンのやうな月がでた。
[#改ページ]

 ゆく春

くれゆく春のかなしさは
白髪《しらが》頭《あたま》の蒲公英《たんぽぽ》の
むく毛《げ》がついついとんでゆく
風がふくたびとんでゆき
若い身《み》そらで禿頭《はげあたま》。


くれゆく春のかなしさは
薊《あざみ》の花をつみとりて
とんとたたけば馬がでる
そつとはらへば牛がでる
でてはぴよんぴよんにげてゆく。
[#改ページ]

 くすり

雪《ゆき》はしんしんふりしきる。
炬燵《こたつ》にあてたよこはらが
またしくしくといたむとき。

雪はしんしんふりしきる。
しろくつめたき粉《こな》ぐすり
熱ある舌《した》にしみるとき。

雪はしんしんふりしきる。
黄《きい》な袋《ふくろ》の石版《いしずり》の
異形《いぎやう》な虫《むし》のわざはひか。

雪はしんしんふりしきる。
銀《ぎん》ぎらぎんのセメン円《ゑん》
とのもは雪のつむけはひ。
[#改ページ]

 雀 踊

青い眉《まゆ》したたをやめが
金《きん》の墨絵《すみゑ》の扇《あふぎ》にて
そつとまねけばついとくる
はらりとひらけばぱつととぶ。
雀《すゞめ》おどりのおもしろさ
  やんれやれやれやせうめ
  京《きやう》の町のやせうめ
  うつるるものはみせうめ
あれあれあれとみるほどに
奴姿《やつこすがた》の小雀《こすゞめ》は
山《やま》のあなたへとびさりぬ。
[#改丁、挿し絵入る、37]
[#改丁]

 わたり鳥

日本《にほん》の春のこひしさに
シイオホスクの海角《みさき》より
はるばる波をわたり鳥《どり》。

庄屋《しやうや》の軒《のき》に巣《す》をかけて
雛《ひゝな》を六|羽《ぱ》うんだれど
三|羽《ば》の雛《ひな》は死《しに》ました。
のこる三|羽《ば》は※[#「※」は「木へん+弟の下半分のような字」、第3水準1-85-57、40-1]《かき》の葉《は》の
毛虫《けむし》がすきでたべました。

やんがて※[#「※」は3行上の「かき」と同じ字、第3水準1-85-57、40-4]《かき》のうれるころ
日本《にほん》の島《しま》をあとにして
まだみもしらぬ故郷《ふるさと》へ
親子《おやこ》もろともいにました。
[#改ページ]

 納戸の記憶

船《ふね》は酒船《さかぶね》父《ちち》の船《ふね》
三十五|反《たん》の帆《ほ》をまくや
玄海灘《げんかいなだ》の夏《なつ》の雲《くも》。

君《きみ》は馬関《ばくわん》の唄《うた》うたひ
髪《かみ》にさしたる青玉《エメラルド》
あだな南《みなみ》のニグレスが
こころづくしの貢物《みつぎもの》。

風《かぜ》のたよりをまちわびて
行燈《あんど》のかげのものおもひ
鬢《びん》のほつれをかきあぐる
銀《ぎん》のかざしのかなしさか
母《はゝ》の腕《かひな》のさみしさか。
[#改丁、挿し絵入る、43]
[#改丁]

 おしのび

昔《むかし》アゼンに王《わう》ありき。
野《の》にさく花《はな》のめでたさに
ひとり田舎《ゐなか》へゆきけるが
にわかに雨《あめ》のふりいでて
王《わう》は臍《へそ》までうまりける。
それより王《わう》はわすれても
二|度《ど》と田舎《ゐなか》へゆかざりき。
[#改丁、左寄せ]
  断 章
[#改ページ]

   1
ドンタクがきたとてなんになろ
子供は芝居《しばゐ》へゆくでなし
馬にのろにも馬はなし
しんからこの世《よ》がつまらない。

   2
おうちに屋根《やね》がなかつたら
いつも月夜《つきよ》でうれしかろ。
あの門番《もんばん》が死《し》んだなら
あの柿《かき》とつてたべよもの。
世界《せかい》に時計《とけい》がなかつたら
さみしい夜《よる》はこまいもの。

   3
もしも地球《ちきう》が金平糖《こんぺいたう》で
海《うみ》がインクで山《やま》の木《き》が
飴《あめ》と香桂《につけ》であつたなら
なにをのんだらいいだろう。
学校《がくかう》の先生《せんせい》もしらなんだ
国王様《こくわうさま》もしらなんだ。

   4
この紅茸《べにたけ》のうつくしさ。
小供《こども》がたべて毒《どく》なもの
なぜ神様《かみさま》はつくつたろ。
毒《どく》なものならなんでまあ
こんなにきれいにつくつたろ。
[#改丁、挿し絵入る、51]
[#改丁]

   5
ままごとするのもよいけれど
いつでもわたしは子供役。
子供が子供になつたとて
なんのおかしいことがあろ。

   6
どんなにおなかがひもぢうても
日本《にほん》の子供はなきませぬ。
ないてゐるのは涙《なみだ》です。

   7
お墓《はか》のうへに雨がふる。
あめあめふるな雨ふらば
五|重《ぢゆう》の塔《たふ》に巣《す》をかけた
かわい小鳥《こどり》がぬれよもの。
松の梢《こずゑ》を風《かぜ》がふく。
かぜかぜふくな風ふかば
けふ巣《す》だちした鳶《とび》の子《こ》が
路《みち》をわすれてなかうもの。

   8
ひろい空からふる雨は
森のうへにも牧場《まきば》にも
びつくり草《さう》にも小鳥《こどり》にも
みんなのうへにふるけれど
子供のうへにはふりませぬ。
それは子供の母親が
シヤツポをきせてくれるから。

   9
枇杷《びは》のたねをばのみこんだ。
おなかのなかへ枇杷の木が
はえるときいてなきながら
枇杷のなるのをまつてたが
いつまでたつてもはえなんだ。

   10
めんない千鳥《ちどり》の日もくれて
[#改丁、挿し絵入る、57]
[#改丁]
おぼろな春のうすあかり
この由良《ゆら》鬼《おに》のいとほしさ
ほどいてたもとなきいでぬ。

   11
越中《ゑつちゆう》富山《とやま》の薬《くすり》売《う》り
おはぐろとんぼがついとでて
白いカウモリ傘《がさ》の柄《え》にとまり
また日《ひ》まわりの葉《は》にとまり
ついととんではまたもどる。

   12
お遍路《へんろ》さんお遍路さん
おやまのむかふは雨さうな
霰《あられ》をおくれ豆《まめ》おくれ
まめがなけねばこの路《みち》法度《はつと》。

   13
股《また》のしたから麓《ふもと》をみれば
さても絵のよなよい景色《けしき》。
[#改丁、挿し絵入る、61]
[#改丁]
どこの町ぞときいたらば
それはわたしの村でした。

   14
梭《おさ》の手《て》をやめ歌《うた》ふをきけば
――もつれた糸《いと》なら
  ほどけもせうが
  きれた糸ゆゑ
  せんもなや。
[#改丁、左寄せ]
  少年なりし日
[#改丁]

 人形遣

「めでたやなめでたやな
さりとはめでたやめでたや」と
紺《こん》の布簾《のれん》のつまはづれ
人形《にんぎよ》遣《つかひ》がきたさうな。

母のかげよりそとみれば
人形遣のうら若く
「ま、どうしよぞいの」と泣《な》きいれば
襟足《えりあし》しろくいぢらしく
人形の小春《こはる》もむせびいる。

もののあはれかふるあめか
もらひなみだの母の袖《そで》。
[#改丁、挿し絵入る、69]
[#改丁]

 雪

赤いわたしの襟巻《えりまき》に
ふわりとおちてふときえる
つもらぬほどの春の雪。
  これが砂糖《さたう》であつたなら
  乳母《うば》もでてきてたべよもの。
ロシア更紗《ざらさ》の毛《け》布団《ぶとん》を
そつとぬけでてつむ雪を
銀《ぎん》のかざしでさしてみる
お染《そめ》の髪《かみ》の牡丹《ぼたん》雪《ゆき》。

七|番《ばん》蔵《ぐら》の戸《と》のまへで
手招《てまね》きをするとうじさん
顔ににげない白い手で
ひねり餅《もち》をばくれました。

納戸《なんど》のおくはほのくらく
紀州《きしう》蜜柑《みかん》の香《か》もあはく
指にそまりし黄《き》表紙《べうし》の
炬燵《こたつ》で絵本《ゑほん》をよみました。

窓《まど》からみれば下町《したまち》の
角《かど》の床屋《とこや》のガラス戸《ど》に
大阪《おほさか》下《くだ》り雁二郎《がんじろ》の
春《はる》狂言《きやうげん》のびらの絵が
雪にふられておりました。
[#改ページ]

 かくれんぼ

豆《まめ》の畑《はたけ》にみいさんと
ふたりかくれてまつてゐた。

とほくで鬼《おに》のよぶ声が
風《かぜ》のまにまにするけれど
ちらちらとぶは鳥《とり》の影《かげ》。

[#改丁、挿し絵入る、75]
[#改丁]
まてどくらせど鬼はこず。
森《もり》のうへから月がでた。
[#改ページ]

 郵便函

郵便《ゆうびん》函《ばこ》がどうしたら
そんなにはやくあるくだろ。
わたしの神戸《かうべ》のおばさまへ
わたしのすきなキヤラメルを
おくるやうにとしたためて。
郵便函へあづけたが
三つほどねたそのあした
わたしのすきなキヤラメルは
ちやんとわたしについてゐた。
[#改ページ]

 山 賊

乳母《うば》の在所《ざいしよ》は草わけの
山また山の奥でした。
ある日のことに※[#「※」は「女へん+弟の下半分のような字」、80-6]《あね》として
乳母《うば》をたづねにゆきました。
わたしは土産《みやげ》を腰につけ
※[#「※」は3行上の「あね」と同じ字、80-9]《あね》は日傘《ひがさ》をさしかけて
赤土《あかつち》色《いろ》の山路《やまみち》を
とぼとぼあゆむ午下《ひるさが》り。
あゆみつかれて路《みち》ばたの
一本松に腰かけて
虎屋《とらや》饅頭《まんじゆう》をたべながら
やすむでゐると木蔭《こかげ》より
髯武者《ひげむしや》面《づら》の山賊《さんぞく》が
ぬつくとばかりあらはれた。
すわことなりとおもへども
どうすることもなきごえに
「おつつけ伴者《つれ》のくる時刻《じぶん》」
きこえよがしに※[#「※」は15行上の「あね」と同じ字、82-1]《あね》のいふ
「どうして伴者《つれ》はくることか」
わたしは※[#「※」は17行上の「あね」と同じ字、82-3]《あね》にききました。
さうするうちに山賊《さんぞく》は
腰《こし》の太刀《だんびら》おつとりて
のそりのそりとやつてきた。
もう殺すかとおもふたら
殺しもせいでたちとまり
「どこへおじやる」ときくゆゑに
つつみかくさずいひますと
「よいお子《こ》たち」とほめながら
峠《たうげ》をおりてゆきました。

乳母《ばあや》はきいて大笑ひ
「なんの賊《ぞく》などでませうぞ」
それは木樵《きこり》でありました。
[#改ページ]

 おさなき夢

夢のひとつは かくなりき。

青き頭巾《づきん》をかぶりたる
人買《ひとかひ》の背《せ》にないじやくり
山の岬《みさき》をまはるとき
広重《ひろしげ》の海《うみ》ちらとみき。
旅の道者《だうじや》がせおいたる
[#改丁、挿し絵入る、85]
[#改丁]
天狗《てんぐ》の面《めん》のおそろしさ
にげてもにげてもおふてきぬ。
伊勢《いせ》の国までおちのびて
二見《ふたみ》ヶ|浦《うら》にかくれしが
ここにもこわや切髪《きりかみ》の
淡島《あはしま》様《さま》の千羽鶴《せんばづる》
一羽《いちは》がとべばまた一羽《いちは》
岩のうへより鳥居《とりゐ》より
空一面のうろこ雲。
顔もえあげずなきゐたり。
[#改ページ]

 草 餅

ある日学校へゆく路《みち》に
黄《きい》な袋《ふくろ》がおちてゐた
ひろうてみればこはいかに
それは財布《さいふ》でありました。
「さあ大変ぢや大変ぢや
銭《ぜに》をひろへば尋人《たづねびと》
有司《おかみ》へよばれようおお怖《こは》や」
みながはやせばとつおいて
財布《さいふ》を指でさげたまゝ
こりやまあどうしたものだらう。
そこへおりよく先生が
おいでなされて「やれやれ」と
財布をとつてくれました。

それから家《うち》へかへつたが
どうも財布が気にかかり
母の情《なさけ》の草餅《くさもち》も
どうまあ咽喉《のど》をこすものぞ
食べずに泣いておりました。
[#改ページ]

 嘘

なげた石
鳥居《とりゐ》のうへにのつかれば
どんな願《ねがひ》もかなへんと
氏神《うぢがみ》様《さま》はのたまひぬ。

鳥居のしたにあつまりし
太郎《たらう》に次郎《じらう》に草之助《さうのすけ》
何《なに》がほしいときいたらば
太郎がいふには犬張子《いぬはりこ》
次郎がいふにはぶんまはし
生《い》きた馬をば草之助。
願《ねがひ》をこめてなげた石
首尾《しゆび》よく鳥居へのつかつた。

石は鳥居へのつたれど
いまだに何《なに》もくださらぬ。
[#改ページ]

 どんたく

どんたくぢやどんたくぢや
けふは朝からどんたくぢや。

街《まち》の角《かど》では早起きの
飴屋《あめや》の太鼓《たいこ》がなつてゐる
「あアこりやこりやきたわいな」
これは九州《きうしう》長崎《ながさき》の
丸山《まるやま》名物《めいぶつ》ぢやがら糖《たう》
お子様《こさま》がたのお眼《め》ざまし
甘《あま》くて辛《から》くて酸《すつぱ》くて
きんぎよくれんのかくれんぼ
おつぺけぽうのきんらいらい」

観音《くわんのん》堂《だう》の境内《けいだい》は
のぞきからくり犬《いぬ》芝居《しばゐ》
「ものはためしぢやみてござれ
北海道で生捕《いけど》つた
一本《いつぽん》毛《け》のないももんがあ
絵《ゑ》看板《かんばん》にはうそはない
生きてゐなけりや銭《ぜに》やいらぬ」

「可哀《かあい》さうなはこの子でござい
因果はめぐる水車《みづぐるま》
一寸法師《いつすんほふし》の綱《つな》わたり
あれ千番《せんばん》に一番《いちばん》の
鐘《かね》がなろともお泣きやるな」

「やあれやれやれやれきたわいな
のぞきや八文《はちもん》天保銭《てんぽせん》
花のお江戸は八百八町《はつぴやくやちやう》
音《おと》にきこえた八百屋《やほや》の娘
年《とし》は十五《じふご》で丙午《ひのえうま》
そなたは十四《じふし》であらうがの
いえいえ十五《じふご》でござんする。
八百屋《やほや》お七《しち》がおしおきの
お眼《め》がとまれば千客様《せんきやくさま》」
[#改ページ]

 郵便脚夫

「郵便《いうびん》ほい
おかみの御用でゑっさっさ」
郵便|脚夫《きやくふ》のうしろから
学校がへりの子供らは
ゑっさもっさとついてゆく。
「郵便ほい
おかみの御用でもっさっさ」
[#改ページ]

 江戸見物

「江戸《えど》をみせよう」源六《げんろく》は
耳をつまんでつりあげた。
いたさこらへて東《ひがし》をみれど
どれが江戸やら山ばかり。
「なんとみえたであらうがな」
「みえはみえたが浅草《あさくさ》も
上野《うへの》もやつぱり山だらけ」
[#改丁、挿し絵入る、99]
[#改丁]

 七つの桃

七人《しちにん》の
遊《あそび》仲間《なかま》のそのひとり
水におぼれてながれけむ。
お芥子《けし》の頭《かみ》が水《みづ》の面《も》に
うきつしづみつみえかくれ。
「よくも死人《しにん》をまねたり」と
白痴《ばか》の忠太《ちゆうた》は手をたたく。
水《みづ》にもぐりて菱《ひし》の実《み》を
とりにゆけるとおもひしが。
人《ひと》は家《いへ》より畑《はたけ》より
ただごとならぬけはひにて
はしりて河《かは》にあつまりぬ。
人のひとりは水にいり
人のひとりは小舟《こぶね》より
死骸《しがひ》を岸にだきあげぬ。
「死《し》んだ死んだ」と踊《をど》りつつ
忠太は村をふれあるく。
白い衣《きぬ》きた葬輦《さうれん》が
暑い日中《ひなか》をしくしくと
鳥辺《とりべ》の山へいりしかど
そは何事《なにごと》かしらざりき。
ひとりは墓《はか》へゆきければ
七《なゝ》つの指《ゆび》を六《む》つおりて
一《ひと》つのこしてみたれども
死んでなくなることかいな
いつか墓よりかへりきて
七つの桃《もゝ》をわけようもの。
[#改ページ]

 猿と蟹

わたしが猿《さる》で妹《いもうと》が
あはれな蟹《かに》でありました。

猿はひとりで※[#「※」は「木へん+弟の下半分のような字」、104-7]《かき》の実を
木に腰《こし》かけてたべました。
「兄《にい》さんひとつ頂戴《ちやうだい》よ」
あはれな蟹がいひました。
「これでもやろ」と渋※[#「※」は4行上の「かき」と同じ字、105-1]《しぶがき》を
なげてはみたがかあいそで
好《い》いのもたんとやりました。
[#改ページ]

 加藤清正

紙の鎧《よろひ》の清正《きよまさ》は
虎《とら》を退治《たいぢ》の竹《たけ》の槍《やり》。
屋根《やね》のうへにて眠《ねむ》りゐし
猫《ねこ》をめがけてつきければ
虎は屋根よりころげおち
縁《えん》のしたへとかくれけり。

さすがに猛《たけ》き清正も
虎のゆくえの気にかかり
夜《よ》な夜《よ》なこわき夢《ゆめ》をみき。
[#改ページ]

 禁制の果実

白壁《しらかべ》へ
戯絵《ざれゑ》をかきし科《とが》として
くらき土蔵《どざう》へいれられぬ。
よべどさけべど誰《たれ》ひとり
小鳥《ことり》をすくふものもなし。
泣きくたぶれて長持《ながもち》の
蓋《ふた》をひらけばみもそめぬ
「未知《みち》の世界」の夢の香《か》に
ちいさき霊《たま》は身《み》にそはず。

窓より夏の日がさせば
国貞《くにさだ》ゑがく絵草紙《ゑざうし》の
「偐《にせ》紫《むらさき》」の桐《きり》の花《はな》
光《ひかる》の君《きみ》の袖《そで》にちる。

摩耶《まや》の谷間《たにま》にほろほろと
頻迦《びんが》の鳥《とり》の声きけば
悉多太子《しつたたいし》も泣きたまふ。

魔性《ましやう》の蜘蛛《くも》の糸《い》にまかれ
白縫姫《しらぬひひめ》と添臥《そひぶ》しの
風は白帆《しらほ》の夢をのせ
いつかうとうとねたさうな。

蔵《くら》の二階の金網《かなあみ》に
赤い夕日がかっとてり
さむれば母の膝《ひざ》まくら。
[#改丁、左寄せ]
  日本のむすめ
[#改丁]

 宵待草

まてどくらせどこぬひとを
宵待草《よひまちぐさ》のやるせなさ

こよひは月もでぬさうな。
[#改ページ]

 わすれな草

袂《たもと》の風を身にしめて
ゆふべゆふべのものおもひ。
野《の》ずえはるかにみわたせば
わかれてきぬる窓の灯《ひ》の
なみだぐましき光《ひかり》かな。

袂《たもと》をだいて木によれば
[#改丁、挿し絵入る、115]
[#改丁]
やぶれておつる文《ふみ》がらの
またつくろはむすべもがな。

わすれな草《ぐさ》よ
なれが名《な》を
なづけしひとも泣きたまひしや。
[#改ページ]

 夏のたそがれ

タンホオルの鐘《かね》が
さはやかになりいづれば
トラピストの尼《あま》は
こころしづかに夕《ゆふべ》の祈祷《いのり》をささげ
すぎし春《はる》をとむらふ。

柳屋《やなぎや》のムスメは
[#改丁、挿し絵入る、119]
[#改丁]
はでな浴衣《ゆかた》をきて
いそいそと鈴虫《すゞむし》をかひにゆく

――夏のたそがれ。
[#改ページ]

 うしなひしもの

夏の祭《まつり》のゆふべより
うしなひしものもとめるとて
紅提燈《べにちやうちん》に灯《ひ》をつけて
きみはなくなくさまよひぬ。
[#改ページ]

 芝居事

雪のふる夜のつれづれに
※[#「※」は「女へん+弟の下半分のような字」、123-5]《あね》の小袖《こそで》をそとかつぎ
‥‥‥でんちうぢやはりひじぢや
しまさんこんさんなかのりさん‥‥
おどりくたびれ袖萩《そではぎ》の
肩に小袖をうちかけて
なみだながらの芝居事《しばゐごと》
「さむかろうとてきせまする」
このまあつもる雪わいの。
[#改丁、挿し絵入る、125]
[#改丁]

 花束

ありのすさびに
花をつみてつがねたれど
おくらむひともなければ
こころいとしづかなり。
されどなほすてもかねつつ
ゆふべの鐘《かね》をかぞへぬ。
[#改ページ]

 たそがれ

たそがれなりき。かなしさを
そでにおさへてたちよれば
カリンの花のほろほろと
髪《かみ》にこぼれてにほひけり。

たそがれなりき。路《みち》をきく
まだうら若き旅人《たびびと》の
眉《まゆ》の黒子《ほくろ》のなつかしく
後姿《うしろすがた》のなかれけり。
[#改ページ]

 かへらぬひと

花をたづねてゆきしまま
かへらぬひとのこひしさに
岡《をか》にのぼりて名《な》をよべど
幾山河《いくやまかは》は白雲《しらくも》の
かなしや山彦《こだま》かへりきぬ。
[#改ページ]

 よきもの

「よきものをあたへむ」ときみのいふゆゑ
ゆびきりかまきりいつはりならじと
きみのいふゆゑ
門《もん》のそとにてきみまちぬ。

井戸《ゐど》のほとりの丁子《ちやうじ》の花よ。
[#改ページ]

 見知らぬ島へ

ふるさとの山をいでしより
旅にいくとせ
ふりさけみれば涙わりなし。

ふるさとのははこひしきか。
いないな
ふるさとのいもとこひしきか
[#改丁、挿し絵入る、133]
[#改丁]
いないないな。
うしなひしむかしのわれのかなしさに
われはなくなり。

うき旅の路《みち》はつきて
あやめもわかぬ岬《みさき》にたてり。

すべてうしなひしものは
もとめむもせんなし。
よしやよしや
みしらぬ島の
わがすがたこそは
あたらしきわがこころなれ。

いざや いざや
みしらぬ島へ。
[#改ページ]

 てまり

‥‥‥ひや ふや おこまさん
  たばこのけむりは丈八《じやうは》っあん‥‥
とんとんとんとつくてまり
しろい指からはなれては
蝶《てふ》が菜《な》のはをなぶるよに
やるせないよにゆきもどり。
ゆらゆらゆれる伊達帯《だらり》から
江戸紫《えどむらさき》の日がくれる
‥‥‥みや よや
  夕霧さん‥‥‥‥‥
[#改ページ]

 たもと

そつといだけばしんなりと
あまへるやうにしなだれかゝる
――わたしのたもと。

はづかしさの顔《かほ》をおほへど
つゝむにあまるうれしさがこぼれでる
――わたしのたもと。

わたしのかなしみも
わたしのよろこびも
みんなおまえはしつてゐる
――にくらしいたもとよ。
[#改ページ]

 かげりゆく心

母にそむきしその夜《よ》より
白壁《しらかべ》によるならはせに
露草《つゆぐさ》の花さきにけり。

こゝろもとなき夕月《ゆふづき》の
夢の小径《こみち》にきえゆけば
ねもたえだえに虫なけり。
[#改丁]

 雀の子

とこどんどこぴいひやらひやあ
麦《むぎ》の畑《はたけ》を風がふく。

役者《やくしや》の群《むれ》をはぐれたる
子供|心《ごゝろ》のはかなさは
‥‥‥うちの裏《うら》のちさの木に
  雀《すゞめ》が三羽とうまつて
  一羽の雀がいふことにや
  ゆうべござつた花嫁御《はなよめご》
  なにがかなしゆてお泣きやるぞ
  おなきやるぞ‥‥‥

ゆうべの芝居のその唄《うた》が
いまのわが身につまされて
ほろりほろりとないてゆく。
[#改丁、挿し絵入る、145]
[#改丁]

 異国の春

につぽんムスメのなつかしさ
牡丹《ぼたん》芍薬《しやくやく》やま桜《ざくら》
金襴緞子《きんらんどんす》のオビしめて
ふりのたもとのキモノきて
丹塗《にぬり》のポクリねもかろく
からこんからことゆきやるゆえ
どこへゆきやるときいたらば
娘《むすめ》ざかりぢや花ぢやもの
後生《ごしやう》よいよに寺《てら》まゐり。
寺まゐり。
[#改ページ]

 白壁へ

ふたりはかきぬ。
「しらぬこと」

ふたりはかきぬ。
「よろこび」と

ふたりはかきぬ。
「さよなら」と。



底本:「どんたく」中公文庫、中央公論社
   1993(平成5)年7月10日初版発行
底本の親本:「どんたく」実業之日本社
   1913(大正2)年11月初版発行
入力:星夕子
校正:Juki
2000年10月12日公開
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




前のページに戻る 青空文庫アーカイブ