青空文庫アーカイブ



水汲み
徳冨盧花

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)井《いど》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
   (数字は、JIS X 0213の面区点番号、底本のページと行数)
(例)※[#「くちへん+云」、第3水準1-14-87、47-2]

/\:二倍の踊り字(「く」を縦に長くしたような形の繰り返し記号)
(例)ぼろ/\に
-------------------------------------------------------

 玉川に遠いのが第一の失望であつた。井《いど》の水が悪いのが差当《さしあた》つての苦痛であつた。
 井《いど》は勝手口から唯《たゞ》六歩《むあし》、ぼろ/\に腐つた麦藁屋根《むぎわらやね》が通路《かよひぢ》と井《いど》を覆《お》ふて居《を》る。上《うへ》窄《すぼま》りになつた桶の井筒《ゐづゝ》、鉄の車は少し欠けてよく綱がはずれ、釣瓶《つるべ》は一方しか無いので、釣瓶縄の一端を屋根の柱に結《ゆ》はへてある。汲み上げた水が恐ろしく泥臭いのも尤《もつとも》、錨《いかり》を下ろして見たら、渇水の折からでもあらうが、水深が一尺とはなかつた。
 移転の翌日、信者仲間の人達が来て井浚《いどさら》へをやつてくれた。鍋蓋《なべぶた》、古手拭、茶碗のかけ、色々の物が揚《あ》がつて来て、底は清潔になり、水量も多少は増したが、依然たる赤土水《あかつちみづ》の濁り水で、如何に無頓着の彼でもがぶ/\飲む気になれなかつた。近隣《となり》の水を当座は貰つて使つたが、何れも似寄つた赤土水である。墓向ふの家の水を貰ひに往つた女中が、井を覗《のぞ》いたら芥《ごみ》だらけ虫だらけでございます、と顔を蹙《しか》めて帰つて来た。其向ふ隣の家に往つたら、其処の息子が、此家《うち》の水はそれは好い水で、演習行軍に来る兵隊なぞもほめて飲む、と得意になつて吹聴《ふいちやう》したが、其れは赤子の時から飲み馴れたせいで、大した水でもなかつた。
 使ひ水は兎に角、飲料水だけは他に求めねばならぬ。
 家から五丁程西に当つて、品川堀と云ふ小さな流水《ながれ》がある。玉川上水の分流《わかれ》で、品川方面の灌漑《くわんがい》専用《せんよう》の水だが、附近《あたり》の村人は朝々《あさ/\》顔《かほ》も洗へば、襁褓《おしめ》の洗濯もする、肥桶も洗ふ。何アに玉川の水だ、朝早くさへ汲めば汚ない事があるものかと、男役《をとこやく》に彼は水汲む役を引受けた。起きぬけに、手桶と大きなバケツトを両手に提げて、霜を踏んで流れに行く。顔を洗ふ。腰膚《こしはだ》ぬいで冷水摩擦をやる。日露戦争の余炎《ほとぼり》がまださめぬ頃で、面籠手《めんこて》かついで朝稽古から帰つて来る村の若者が「冷たいでしやう」と挨拶することもあつた。摩擦を終つて、膚を入れ、手桶とバケツトをずンぶり流れに浸して満々と水を汲み上げると、ぐいと両手に提げて、最初一丁が程は一気に小走りに急いで行く。耐《こら》へかねて下ろす。腰而下《こしからした》の着物はずぶ濡れになつて、水は七分に減つて居る。其れから半丁に一休《ひとやすみ》、また半丁に一憩《ひといこひ》、家《うち》を目がけて幾休《いくやす》みして、やつと勝手に持ち込む頃は、水は六分にも五分にも減つて居る。両腕はまさに脱ける様だ。斯くして持ち込まれた水は、細君《さいくん》女中《ぢよちう》によつて金漿《きんしやう》玉露《ぎよくろ》と惜み/\使はれる。
 余《あま》り腕が痛いので、東京に出たついでに、渋谷の道玄坂で天秤棒を買つて帰つた。丁度股引尻からげ天秤棒を肩にした姿を山路愛山君《やまぢあいざんくん》に見られ、理想を実行すると笑止な顔で笑はれた。買つて戻つた天秤棒で、早速翌朝から手桶とバケツトを振り分けに担《にな》うて、汐汲みならぬ髯男の水汲みと出かけた。両手に提げるより幾何《いくら》か優《まし》だが、使ひ馴れぬ肩と腰が思ふ様に言ふ事を聴いてくれぬ。天秤棒に肩を入れ、曳《えい》やつと立てば、腰がフラ/\する。膝はぎくりと折れさうに体《からだ》は顛倒《ひつくりかへ》りさうになる。※[#「くちへん+云」、第3水準1-14-87、47-2]《うん》と足を踏みしめると、天秤棒が遠慮《ゑんりよ》会釈《ゑしやく》もなく肩を圧しつけ、五尺何寸其まゝ大地に釘づけの姿だ。思ひ切つて蹌踉《よろ/\》とよろけ出す。十五六歩よろけると、息が詰まる様で、たまりかねて荷を下ろす。尻餅《しりもち》舂《つ》く様に、捨てる様に下ろす。下ろすのではない、荷が下りるのである。撞《どす》と云ふはづみに大切の水がぱつとこぼれる。下ろすのも厄介だが、また担ぎ上げるのが骨だ。路《みち》の二丁も担《かつ》いで来ると、雪を欺く霜の朝でも、汗が満身に流れる。鼻息は暴風《あらし》の如く、心臓は早鐘をたゝく様に、脊髄《せきずゐ》から後頭部にかけ強直症《きやうちよくしやう》にでもかゝつた様に一種異様の熱気がさす。眼が真暗になる。頭がくら/\する。勝手もとに荷を下ろした後は、失神した様に暫くは物も言はれぬ。
 早速右の肩が瘤《こぶ》の様に腫《は》れ上がる。明くる日は左の肩を使ふ。左は勝手が悪いが、痛い右よりまだ優《まし》と、左を使ふ。直ぐ左の肩が腫れる。両肩の腫瘤《こぶ》で人間の駱駝が出来る。両方の肩に腫れられては、明日は何で担《かつ》がうやら。夢にも肩が痛む。また水汲みかと思ふと、夜の明くるが恨めしい。妻が見かねて小さな肩蒲団を作つてくれた。天秤棒の下にはさむで出かける。少しは楽だが、矢張苦しい。田園生活もこれではやりきれぬ。全体《ぜんたい》誰《だれ》に頼まれた訳でもなく、誰《たれ》誉《ほ》めてくれる訳でもなく、何を苦しんで斯様《こん》な事をするのか、と内々《ない/\》愚痴《ぐち》をこぼしつゝ、必要に迫られては渋面《じふめん》作《つく》つて朝々《あさ/\》通《かよ》ふ。度重なれば、漸次《しだい》に馴れて、肩の痛みも痛いながらに固まり、肩腰に多少力が出来、調子がとれてあまり水をこぼさぬ様にもなる。今日は八分だ、今日は九分だ、と成績の進むが一の楽になつた。
 然《しか》しいつまで川水を汲むでばかりも居られぬので、一月ばかりして大仕掛《おほじかけ》に井浚《いどさらへ》をすることにした。赤土からヘナ、ヘナから砂利、と一丈余も掘つて、無色透明《むしよくとうめい》無臭《むしう》而《さう》して無味の水が出た。奇麗《きれい》に浚《さら》つてしまつて、井筒にもたれ、井底《せいてい》深《ふか》く二つ三つの涌き口から潺々《せん/\》と清水の湧く音を聴いた時、最早《もう》水汲《みづく》みの難行苦行も後《あと》になつたことを、嬉しくもまた残惜《のこりを》しくも思つた。



底本:「日本の名随筆33・水」作品社
   1985(昭和60)年7月25日初版発行
   1987(昭和62)年8月10日3刷
底本の親本:「みゝずのたはこと」警醒社
   1913(大正2)年3月初版発行
入力:とみ〜ばあ
校正:門田 裕志
2001年9月12日公開
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




前のページに戻る 青空文庫アーカイブ