青空文庫アーカイブ



時事雑評二三
内村鑑三

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)独立《どくりつ》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#『独立とは「独り立つ」といふことなり』に傍点]
-------------------------------------------------------

     一、独立論

 独立《どくりつ》を唱《とな》ふるは善《よ》し、然《しか》れども如何《いか》にして之を実行《じつかう》すべき乎《か》、言ふを休《や》めよ「汝我と共に独立《どくりつ》する時は我も独立《どくりつ》せん」と 独立とは「独り立つ」といふことなり[#『独立とは「独り立つ」といふことなり』に傍点]、他人と共ならでは立ち得ざる人は独立には非らざるなり[#「他人と共ならでは立ち得ざる人は独立には非らざるなり」に白丸傍点]、独立《どくりつ》を望《のぞ》むものは先《ま》づ独《ひと》りで立つべきなり、而《しか》して独立《どくりつ》の人《ひと》相《あい》集《あつまり》て始めて独立《どくりつ》の教会《けふくわい》もあり、独立《どくりつ》の国家《こくか》もあるなり、集合的《しふがふてき》独立《どくりつ》を望《のぞ》んで個人的《こじんてき》独立《どくりつ》を敢《あえ》てせざるものは独立《どくりつ》するとも独立《どくりつ》の好結果《かうけつくわ》に与《あづ》かり得ざるなり、我等は厄介者と共に独立するを甚だ迷惑に感ずるなり[#「我等は厄介者と共に独立するを甚だ迷惑に感ずるなり」に傍点]、他人の独立する迄は依頼して他人の独立を待つて始めて独立せんとするものは何時迄待ても独立し得ざる人なり[#「他人の独立する迄は依頼して他人の独立を待つて始めて独立せんとするものは何時迄待ても独立し得ざる人なり」に白三角傍点]。

     二、一致の来る時は何時か

 是《こ》れ宗派的《しふはてき》交渉《かうしやう》の成りし時《とき》にあらざるなり、是れ神学的《しんがくてき》一致《いつち》の来りし時に非ざるなり、真正の一致《いつち》は吾人各々がその奉ずる所の主義を其儘実行する時にあり[#「吾人各々がその奉ずる所の主義を其儘実行する時にあり」に二重丸傍点]、約定上《やくでうじやう》の一致《いつち》は無益《むえき》なり、我等をして之に信《しん》を置《お》かしむる勿《なか》れ、実行上の一致のみが頼《たの》むに足るの一致なり、自身《じしん》の主義《しゆぎ》を実行《じつかう》し得ざる人は人情《にんじやう》の秘密《ひみつ》を会得《くわいとく》し得ざるが故に他を容《い》るゝ雅量《がりよう》を有せず、実際《じつさい》に真面目《しんめんもく》に生涯《せうがい》の真味《しんみ》を味《あぢは》ひし人のみが互《たがひ》に共《とも》に働《はたら》き得る人なり 宗教《しふけう》を以て茶話席《ちやわせき》の活題《くわつだい》となすに止《とゞ》まるものは言語的《げんごてき》捺印的《なついんてき》の一致《いつち》を計《はか》れよ、然れども二つとはなき此の生命《せいめい》を捨《すて》ても真理《しんり》の為めに尽《つく》さんと欲するものは斯《かく》の如き演劇的《えんげきてき》同盟《どうめい》に加はること能《あた》はざるなり、汝《なんぢ》一致《いつち》せんと欲する乎、先《ま》づ汝の主義《しゆぎ》を決行《けつかう》せよ、然らば其時《そのとき》汝は宇宙《うちう》に存在《そんざい》する総《すべ》ての誠実《せいじつ》なる人と一致《いつち》せしなり、一致の難《かたき》は外が来て汝と一致せざるに非ずして汝の誠実《せいじつ》ならざるにあり。

     三、真面目ならざる宗教家とは誰ぞ[#「真面目ならざる宗教家とは誰ぞ」に丸傍点]

 真面目《しんめんもく》ならざる宗教家《しふけうか》とは、直接《ちよくせつ》間接《かんせつ》に外国《ぐわいこく》伝道《でんだう》会社《ぐわいしや》の補助《ほじよ》に与《あづ》かり居りながら外国《ぐわいこく》宣教師《せんけうし》を悪口《あくこう》批難《ひなん》するものなり、社界《しやかい》の先導者《せんだうしや》を以て自ら任《にん》じ居りながら社界《しやかい》に引摺《ひきづ》られつゝ行くものなり、教会内《けふくわいない》に偽善者《ぎぜんしや》の潜伏《せんぷく》し居るを知りながら其《その》破壊《はくわい》を恐《おそ》れて之を排除《はいぢよ》し得ざるものなり、教会《けうくわい》独立《どくりつ》を唱《とな》へながら世の賛同《さんどう》を得ざるが故に躊躇《ちうちよ》遁逃《とんとう》するものなり、犠牲《ぎせい》だとか精神的《せいしんてき》教育《けういく》だとか能弁的《のうべんてき》に社界《しやかい》に訴《うつた》へながら自らは米国的《べいこくてき》安楽主義《あんらくしゆぎ》を採《と》るものなり、即ち義を見て為し得ざる卑怯者《ひけうしや》なり、即ち脳髄《のうずい》と心臓《しんざう》と性質《せいしつ》を異《こと》にするものなり、即ち唇《くちびる》と手と一致《いつち》せざるものなり、即ち宗教を弄《ろう》するものなり、即ち世の中に誠実《せいじつ》てふものゝ実在《じつざい》するを信《しん》ぜざるものなり、即ち不実《ふじつ》の人なり、即ち未《いま》だ真理《しんり》を会釈《くわいしやく》せざる人なり。
 是等が真面目《しんめんもく》ならざる宗教家《しふけうか》なり、彼等の存在《そんざい》は教会《けうくわい》に害《がい》あり、社界《しやかい》に害あり、国家《こくか》に害《がい》あり、今日は彼等を排除《はいぢよ》すべき時なり。



底本:「内村鑑三全集3 1894-1896」岩波書店
   1982(昭和57)年12月20日発行
底本の親本:「基督教新聞」578号、署名(内村生)
   1894(明治27)年8月24日発行
入力:ゆうき
校正:ちはる
2000年11月2日公開
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ