青空文庫アーカイブ



問答二三
内村鑑三

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)客《かく》あり

|:ルビの付いていない漢字とルビの付く漢字の境の記号
(例)者|多《おほ》し

/\:二倍の踊り字(「く」を縦に長くしたような形の繰り返し記号)
(例)全然《ぜん/\》

[#]:入力者注 主に外字の説明や、傍点の位置の指定
(例)[#「足下は日本の基督教は今より何年を期して復興すると考へらるゝや」に白丸傍点]
-------------------------------------------------------

 客《かく》あり余《よ》に問《と》ふに左《さ》の二三の事項《じこう》を以てせり、而《しか》して余《よ》は爾《し》か答《こた》へぬ。
 問、足下は日本の基督教は今より何年を期《き》して復興すると考《かんが》へらるゝや[#「足下は日本の基督教は今より何年を期して復興すると考へらるゝや」に白丸傍点]。
 答、教会《けうくわい》は草木《さうもく》又《また》は動物《どうぶつ》の如き自然物《しぜんぶつ》にあらず、草木は時期《じき》を定《さだ》めて花《はな》を有《も》ち菓《み》を結《むす》び、小児《せうに》は或《あ》る時期《じき》を経過《けいくわ》すれば成人《せいじん》して智力《ちりよく》の啓発《けいはつ》に至るべし、然《しか》れども教会《けうくわい》は人為的《じんゐてき》なり、復興《ふくこう》せんと欲《ほつ》せば明日《めうにち》、今日《こんにち》、之《これ》を復興《ふくこう》するを得《う》べし、而して其《その》復興《ふくこう》の方《はう》たるや、安楽椅子《あんらくいす》に倚《よ》り罹《かゝ》り、或は柔軟《じうなん》なる膝褥《しつぢよく》の上《うへ》に跪《ひざまづ》き如何程《いかほど》祈祷《きたう》叫号《きうごう》するも無益《むえき》なり、暑《しよ》を山上に避《さ》けながら眼下《がんか》に群住《ぐんぢう》する憐《あは》れなる数万の異教徒《ゐけうと》の為《た》めに祈願《きぐわん》を込《こ》めるも無益《むえき》なり、教会《けうくわい》復興《ふくこう》の方策《はうさく》とは教導師《けうだうし》先《ま》づ躬《みづ》から身《み》を捐《す》つるにあり、彼《か》の家族《かぞく》の安楽《あんらく》を犠牲《ぎせい》に供《きやう》するにあり、若《も》しミツシヨンより金を貰《もら》ふ事《こと》が精神上《せいしんじやう》彼《かれ》と彼《かれ》の教会《けうくわい》の上に害《がい》ありと信《しん》ずれば直《たゞち》に之を絶《た》つにあり、我れ饑《う》ゆるとも可なり、我の妻子《さいし》にして路頭《ろとう》に迷《まよ》ふに至るも我は忍《しの》ばん、真理《しんり》は我と我の家族《かぞく》より大なり、此《この》決心《けつしん》を実行《じつこう》あらん乎《か》、教会《けうくわい》は直《たゞち》に復興《ふくこう》し始《はじ》むべし、是《こ》れなからん乎、復興は世《よ》の終《おはり》まで待《ま》つも来《きた》らざるべし。
 問、足下《そくか》は尚ほ何時迄《いつまで》も著述《ちよじゆつ》に従事《じうじ》せ[#「ら」が脱]れんとする乎[#「足下は尚ほ何時迄も著述に従事せれんとする乎」に白丸傍点](基督《きりすと》信徒《しんと》に他人の仕事《しごと》を気《き》にする者|多《おほ》し)。
 答、余《よ》は基督《きりすと》の兵卒《へいそつ》なり、兵卒は其時《そのとき》の来《きた》る迄《まで》は何《なに》をなすべきかを知らず、主《しゆ》の命《めい》ならん乎、余《よ》は高壇《かうだん》に立《た》つ事もあるべし、官海《くわんかい》に身《み》を投《たう》ずるやも計《はか》られず、基督信者は目的《もくてき》なき者なり、自《みづ》から一の目的《もくてき》を定《さだ》め、万障《ばんしやう》を排《はい》し、終生《しうせい》一|徹《てつ》其《その》目的点《もくてきてん》に達《たつ》せんと勉《つと》むるが如きは余《よ》の不信仰《ふしんこう》時代《じだい》の行為《こうゐ》なりき、主《しゆ》の命《めい》維《こ》れ徇《したが》ひ、今日《こんにち》は今日《こんにち》の業《げふ》を成《な》す、是《こ》れ余《よ》の今日《こんにち》の生涯《しやうがい》なり、余に計画《けいくわく》なる者あることなし、何と愍《あはれ》むべき(羨むべき)生涯《しやうがい》ならずや。
 問、他人《たにん》に道《みち》を説くに如何《いか》なる方法《はうはふ》を採《と》るべきや[#「他人に道を説くに如何なる方法を採るべきや」に白丸傍点]。
 答、余《よ》は曾《かつ》て如此《かくのごと》き事を試《こゝろ》みし事なし、否《い》な試《こゝろ》みて其《その》甚《はなは》だ馬鹿気《ばかげ》切《きつ》たる事を認《みと》めたれば全然《ぜん/\》之を放棄《はうき》せり、道《みち》を行《おこな》ふ事《こと》是《こ》れ道《みち》を説《と》く事なり、殊更《ことさら》に勉《つと》めて他人《たにん》を教化《けうくわ》せんとするが如きは是《これ》を為す者の僣越《せんえつ》を示《しめ》し、無智無謀《むちむぼう》を証《しよう》す、余《よ》は知《し》る大陽は勉《つと》めて輝《かゞや》かざるを、星《ほし》は吾人の教化《けうくわ》を計《はかつ》て光《ひかり》を放《はな》たず、光《ひ》からざるを得《え》ざれば光《ひか》るなり、我《わ》れ主《しゆ》に倚《よ》り、主《しゆ》我《わ》れに宿《やど》る時《とき》は我は勉《つと》めずして光を放《はな》つなり、而して世《よ》は我《われ》より出る主《しゆ》の光《ひかり》を見《み》て我《われ》を信《しん》ぜずして主《しゆ》を信《しん》ずるに至《いた》る、是《こ》れ余《よ》の信《しん》ずる基督教的《きりすとけうてき》伝道《でんだう》なる者なり。
 客《かく》又《また》問《と》はず、余《よ》を辞《じ》して去《さ》る。



底本:「内村鑑三全集3 1894-1896」岩波書店
   1982(昭和57)年12月20日発行
底本の親本:「福音新報」59号、署名(内村鑑三)
   1896(明治29)年8月14日発行
入力:ゆうき
校正:ちはる
2000年11月2日公開
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ