青空文庫アーカイブ



枯野の旅
若山牧水

-------------------------------------------------------
【テキスト中に現れる記号について】

《》:ルビ
(例)朽葉《くちば》
-------------------------------------------------------

   ○
   
乾きたる
落葉のなかに栗の實を
濕りたる
朽葉《くちば》がしたに橡《とち》の實を
とりどりに
拾ふともなく拾ひもちて
今日の山路を越えて來ぬ

長かりしけふの山路
樂しかりしけふの山路
殘りたる紅葉は照りて
餌に餓うる鷹もぞ啼きし

上野《かみつけ》の草津の湯より
澤渡《さわたり》の湯に越ゆる路
名も寂し暮坂峠

   ○

朝ごとに
つまみとりて
いただきつ

ひとつづつ食ふ
くれなゐの
酸ぱき梅干

これ食へば
水にあたらず
濃き露に卷かれずといふ

朝ごとの
ひとつ梅干
ひとつ梅干

   ○

草鞋よ
お前もいよいよ切れるか
今日
昨日
一昨日《をとつひ》
これで三日履いて來た

履上手《はきじやうず》の私と
出來のいいお前と
二人して越えて來た
山川のあとをしのぶに
捨てられぬおもひもぞする
なつかしきこれの草鞋よ

   ○

枯草に腰をおろして
取り出す參謀本部
五萬分の一の地圖

見るかぎり續く枯野に
ところどころ立てる枯木の
立枯の楢《なら》の木は見ゆ

路は一つ
間違へる事は無き筈
磁石さへよき方をさす

地圖をたたみ
元氣よくマツチ擦るとて
大きなる欠伸《あくび》をばしつ

   ○

頼み來し
その酒なしと
この宿の主人《あるじ》言ふなる

破れたる紙幣とりいで
お頼み申す隣村まで
一走り行《い》て買ひ來てよ

その酒の來る待ちがてに
いまいちど入るよ温泉《いでゆ》に
壁もなき吹きさらしの湯に



底本:「若山牧水全集 第七巻」雄鶏社
   1958(昭和33)年11月30日初版1刷
入力:柴武志
校正:浅原庸子
2001年5月3日公開
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。





前のページに戻る 青空文庫アーカイブ